【プロ直伝】お家で簡単!「ハロウィン寝相アート」のコツ3つ

出典:https://www.itmama.jp

まもなく10月に入り、ハロウィンの装飾やアイテムを見かけることも増えてきたのでは?

ここ数年は、テーマパークや街中でもハロウィンは一大イベントとなっています。

しかし、小さいお子さんをお持ちのママはイベントや外出は難しいですよね。でも、そんなママも諦めないで!

今回は、“おうちハロウィン”を十分に楽しめるようにと、楽天市場開催主催「楽天市場ハロウィン寝相アート共同開発新商品発表会」に1歳の息子と一緒に参加してきました。

プロフォトグラファー直伝のハロウィン寝相アートの撮影のアイディアとコツをレポートします!

プロフォトグラファーによる「寝相アート」レッスンに潜入!

出典:https://www.itmama.jp

教えてくれたのは、年間4,000人以上のお子さんを撮影しているプロカメラマンの日高涼子さん。

出典:https://www.itmama.jp

お子さんをお持ちのママなら、一度は聞いたことのある『キッズ時計』のプロのフォトグラファーです。

今回はスマホやデジタル一眼などで撮影し、そのままSNSにアップすることを前提に色々なテクニックを教えてくれました。

 

プロに聞いてやってみた!「SNS映えする寝相アート」のポイント3つ

(1)余計なものを写さない

出典:https://www.itmama.jp

家で撮影する時、ソファなどの家具やテレビなどの家電が写真に写りこんでしまうと、一気に生活感がでてしまいます。

そうならないために、壁紙が統一された場所で撮ったり、カーペットやマットなどの上で撮影したりするのがポイントだそう!

この際、カーペットやマットなどは柄物ではなく、白やグリーンといった無地単色がオススメ。

背景に余計なものが写らないように気を付けてくださいね。

 

(2)セット小物の選び方

出典:https://www.itmama.jp

テーマ(ハロウィン、クリスマス、誕生日など)を決める。テーマは1つに絞りましょう。

次に、色使い(淡い、ポップなど)を決めます。その色使いに合わせてアイテムを決めると良いそう。

中でも反対色のチョイスやコントラストの強い色調は写真映えするそうですよ!

色調が強いものは目線を引くことが出来るので、そういったアイテムを上手く使ってみて♪

 

(3)セットの配置決め、光の当て方に注目

出典:https://www.itmama.jp

真ん中に撮りたい“主体”を置き、次に隙間をなるべくなくして写真を“濃縮”させます。

この際、顔まわりに明るめのものをもってくるのがポイントなんだとか!

小さなお子さんならではの、薄くてすべすべの肌は自然光で撮影するのが一番キレイなんだそうです。窓際や、自然光が入るお部屋などで撮影するのことをオススメですよ。

 

いかがでしたか?

小さい子どもならではの“オムツ姿”で撮るのも可愛くてオススメですが、せっかくならハロウィンに向けて、コスプレ衣装で楽しく撮影したい! というママも多いのではないでしょうか?

ぜひ、お家で気軽に写真に残せる“寝相アート”でハロウィンを楽しんでくださいね!

 

【参考・画像】
※ ハロウィン寝相アート 共同開発新商品発表会 – 楽天市場
楽天ママ割
※ リシュマム

※ キッズ時計
※ 著者撮影

【関連記事】

今年もハロウィンを楽しもう!他にもこんな記事がオススメ▼

プロ直伝!「インスタ映えするハロウィンフォト」のコツ5つ

栄養満点!ハロウィンに食べたいカボチャレシピ3つ【旬野菜 #04】

離乳食もハロウィン仕様に!かぼちゃを使ったメイン&デザートレシピ

※ 驚き!育児参加「0時間」パパの心境の変化とは…!?[PR]

※ 愛され続け40年!パンパース史上最高※品質のオムツが登場![PR]

LINEで送る