【横浜市】働くママの強い味方!病児保育室「東海キッズケア」がスゴイ

参考:https://itmama.jp/

突然の発熱や嘔吐など、子どもって本当に急に体調を崩すことが多いですよね。

そんな時、働くママは遅刻や早退、会社を休まなくてはいけなくなって、何日も続くと同僚に気まずい思いをすることも……。

また、混んでいる小児科に子どもを連れて行くのも一苦労です。

そんな時にママの頼れる味方、“病児保育室”を利用してみてはどうですか?

今回、横浜市港南区に7月にオープンした病児保育室『東海キッズケア』へ取材に伺い、実際に2歳の息子を預けてみました。

元看護師で2歳の息子のママである筆者が、医療者の視点とママの視点から、東海キッズケアについてオススメのポイントごとにご紹介していきたいと思います。

 

最大300人収容可能! 大規模病児保育施設「東海キッズケア」に潜入

『東海キッズケア』は、JR京浜東北線の港南台駅より無料循環バスで5分、港南台医療モールの中にあります。

2017年7月にオープンした港南台医療モールは、1階に調剤薬局があり、小児科・総合内科・リウマチ科・内科・アレルギー科・耳鼻咽喉科・消化器内科・泌尿器科が入った総合医療施設です。

その2階・4階に東海キッズケアがあります。

参考:https://itmama.jp/

今回は、東海キッズケアの岡田栄一先生に施設内を案内していただきました!

参考:https://itmama.jp/

2階の受付では、事前に登録・予約した内容で受付をします。

当日の持ち物は、会員カード・健康保険証・医療証・子どもの食事だけ!

食事は、軽いものであれば施設内で買うこともでき、麦茶は無料でいただけます。

ここで受付を済ませ、会員情報を登録したリストバンドを子どもの腕に付けてスタッフに預けるだけで、ママはそのまま仕事へ向かうことができます。

参考:https://itmama.jp/

入り口には各部屋の様子が確認できるモニター付き。施設内の子どもの状況を確認できるので、防犯対策もばっちりです。

参考:https://itmama.jp/

施設内は2フロア17部屋のゆったりとした個室を用意。

個室と言ってもガラス張りで明るく開放感のある造りが特徴で、各部屋にはテレビと洗面台が備え付けてあります。

参考:https://itmama.jp/

子ども用のトイレやシャワールームも完備。

嘔吐や排泄の後にもすぐに身体を洗うことができるので、いつでも清潔に保つことができます!

参考:https://itmama.jp/

また、施設内で使用した衣服やタオルは汚物除去機と高温乾燥機を導入しており、除菌を徹底しています。

清潔で充実した設備が揃っている東海キッズケア。

次の章では、その中でも筆者が特に惹かれたおすすめのポイントをご紹介します!

 

東海キッズケアのすごいポイント5つ

(1)朝7時から21時まで土日祝日も営業

なんといっても、朝7時からやっているのが嬉しいところ!

なかなか7時からやっている小児科は見つからないですよね……。

7時に子どもを預けて、余裕があれば診察に立ち会い、そのあと出社することも可能ですね。

また、土日や21時まで営業しているので大事な仕事の日のお迎えも十分間に合います。

【例えばこんな時に】

・朝はパパが車でお見送りをして無料駐車場に車を置いて出社、お迎えはママがお迎え。

・休日の仕事や冠婚葬祭など、一時保育に利用可能。

 

(2)小児科医・保育士が常駐

参考:https://itmama.jp/

病児保育室内で朝7時から小児科医の診察を受けることができ、調剤薬局のお薬が届けられ、看護師が投薬してくれます。

その間子どもは保育室でゆっくり休んでいることができますよ。

体調を崩して免疫が落ちている子どもを小児科と薬局に連れて行って他の菌をもらってくるかも、なんて心配がいりませんね。

保育士の人数も多く目が行き届いていますし、小児科の診察が午前と午後の2回ありますので、症状に変化があっても安心です。

【例えばこんな時に】

・朝7時に受付を済ませてそのまま会社に出勤可能!診察中の付き添いいらず。

・病院と薬局の移動が少なく、スムーズ。

 

(3)着替え・シーツのレンタルや洗濯機乾燥機あり

参考:https://itmama.jp/

東海キッズケアでは、着替えやシーツ、タオル、パジャマを全てレンタルすることができます。

おむつも足りなくなってしまったら、買うことができます。

子どもが体調を崩してただでさえバタバタしているときに、荷物の準備をしたり名前を書いたりしなくていいのは嬉しいですね。

施設内で使用している衣類は殺菌処理済みなので衛生的ですし、汚れた衣類の後処理の必要もなく、汚物などに含まれる菌を持ち帰って家族に感染する心配もありません。

【例えばこんな時に】

・突然の急病でも特別な準備が不要!

・汚れた衣服やシーツを持ち帰らずに済むので、仕事帰りのママの負担を軽減。

 

(4)病状ごとに個室で保育

参考:https://itmama.jp/

全部で17部屋の個室があり、発熱の有無、消化器症状(嘔吐や下痢など)の有無、ウイルス感染かどうかなどによって個室に分けられます。

また、2階と4階とに階を隔てて保育室があるので、学級閉鎖などで健康なのに預けなければならなくなった時などにも、病気の子どもとしっかり隔離して預かってもらえます。

【例えばこんな時に】

・海外帰りで感染症になってしまっても個室で保育。

・他の子どもがら病気やウイルスをもらわずに済む。

 

(5)スマートフォンで子どもの状況チェック

朝、子どもを預けてみたものの、仕事中に体調が悪くなっていないか子どもの様子は常に気になりますよね。

東海キッズケアでは子どもの保育記録がスマホに配信されるので、体温の変化や診察の結果、食事など、どのように過ごしているのかなどを仕事の合間にも確認することができますよ。

【例えばこんな時に】

・家に帰ってからのケアや食事の状況が分かる。

・次回利用時にカルテ代わりとして使える。

 

参考:https://itmama.jp/

取材中、筆者の息子も預けてみたのですが、保育士さんがつきっきりで遊んでくれて、とても楽しそうでした!

病児保育はもちろん、1歳から12歳まで利用できるので子どもが小学生になっても長く利用できそうだと感じました。

 

いかがでしたか?

東海キッズケアは、本当にシステムが画期的で至れり尽くせりの病児保育室でした。

その利便性から横浜市内ではなく、都内からの利用者もいるのだとか。

突然の発熱や急病で、病院や保育サービスや施設を探すのは大変ですよね。

働くママにとってこのような緊急時に頼れるサービスを知っておくとぐんと負担が減ります。

子どもの体調不良の時などに上手に利用して、ママの負担を減らして下さいね!

 

【取材協力・施設概要】
東海キッズケア(港南台医療モール内)
住所:神奈川県横浜市港南区港南台5-23-30 港南台医療モール2F・4F
電話:045-830-5220(お問合せ受付時間9:00~18:00)
営業時間:AM7:00 ~ PM9:00
アクセス:JR港南台駅より無料循環バス5分
駐車場:89台(無料)
利用料金:入会金 3,000円(お子様1名につき)
午前7時〜午後6時 500円/30分最大6,800円・レンタルセット代含む(3時間以上/30分毎に精算)午後6時〜午後9時 600円/30分(30分毎に精算)

【関連記事】

こんなサービスもママの味方!オススメ記事ランキング♪

【0歳】月額1,480円~!「おもちゃレンタル」のサービスがスゴい!

13時間以上も2人きり…「育児から逃げ出したい!」時に使えるサービス4つ

働くママが選ぶ!予約殺到間違いなし「最新サービス」5選

※ 驚き!育児参加「0時間」パパの心境の変化とは…!?[PR]

※ 愛され続け40年!パンパース史上最高※品質のオムツが登場![PR]

LINEで送る