パンダの名前が香香に決定!「2017年秋に流行る子どもの名前」TOP10

出典:https://www.shutterstock.com

6月に上野動物公園で産まれたパンダの赤ちゃんの名前が「香香(シャンシャン)」に決まりましたね!

パンダ好きな黒柳徹子さんも、自身のInstagramで名前決定を喜ぶコメントを寄せています。

「香」という漢字だけで性別はメスだというイメージを受けますが、このように名前の響きや使う漢字によって印象は変わるから面白いですよね。

そこで今回は2017年秋にオススメの名前と、It MamaライターのYunoさんの人気記事より“意外な意味をもつ漢字”をご紹介します。赤ちゃんの名付けにお役立て下さいね。

 

 

2017年度はコレが流行り!「秋にまつわる名前ランキング」TOP10

スマートフォン向けアプリ「赤ちゃん名づけ」を提供しているリクスタが、2016年9月〜2017年8月にアクセス数の多かった秋にまつわる名前をランキングを基に「2017年秋にまつわる名前ランキング」を公開しています。

2017年秋にまつわる名前ランキング

1位・・・和楓(ほのか)

2位・・・杏月(あつき)

3位・・・文子(あやこ)

4位・・・結月(ゆずき)

5位・・・楓(かえで)

6位・・・美月(みつき)

7位・・・一楓(かえで)

8位・・・偉月(いつき)

9位・・・豊(ゆたか)

10位・・・佑月(ゆづき)

※ランキングの読み方は他の読み方がある場合もあります

-無料 赤ちゃん名づけより引用-

やはり秋の紅葉のイメージからか、「楓」の漢字が人気の様子。

また、3位には「子」のつく名前もランクイン。上記のTOP10の結果をみると、落ち着いたイメージの名前が並びます。

しかし和の中にモダンさも兼ね備えており、“和モダン”という表現が正しいでしょうか。

少し前までは、オンリーワンを意識したキラキラネームと呼ばれる名前が流行りましたが、こちらをみると流行りの変化が見て取れますね。

 

 へ~こんな意味もあるんだ!「意外な意味をもつ漢字」4つ

夫婦の漢字や、季節の漢字を使う人も多いと思いますが、使用する漢字の本来の成り立ちまで調べると、さらに思い入れのある名前が見つかるかもしれませんよ!

ここで、私たちのイメージとは少し違う、成り立ちをもつ漢字を4つご紹介します。

(1)「季」

禾と子の組み合わせでできた「季」という字は、穀物に宿る霊に扮して舞う子ども、両手を上げて踊る子どもの姿らしいです。

今では季節を感じる爽やかなイメージがありますが、実は子どもが舞い、踊るような陽気な意味合いがあったのですね。

 

(2)「美」

美・善・義などは羊に関する文字なんだそうです。

確かに羊が入ってますね。「美」は、神に捧げる羊が美しかったことからの由来だそう。美と羊に関連性があったとは意外なのではないでしょうか。

 

(3)「生」

草の生え出てくる形から、種が発芽する意味合いが。

頭上の土を押し上げて明るい光の方向へ、若葉を広げる目覚めの姿。

単純に「生きる」という意味は分かってはいたけど、種が発芽して成長してゆくことが「生」の由来だったようです。

 

(4)「麗」

麗という漢字は「綺麗」を想像したり、最近は漢字一字で「うらら」という読み方でとてもキラキラしたようなイメージですが、実は本来は違うようです。

山の麓の林の中、立派な角の美しい鹿がこちらを向いて立っているような、とても神聖で、静的なもの。

「珍しい名前だね」と言われたら、ぜひこの由来を伝えたら良さそう!

 

いかがでしたか?

秋に出産を控えている方はお伝えしたことを参考にしてみて、わが子の最初の贈り物としてステキな名前をプレゼントして下さいね♪

 

【参考・画像】
※ 「2017年秋にまつわる名前ランキング」 – 「赤ちゃん名づけ実績No.1」無料 赤ちゃん名づけ
※ Inara Prusakova / shutterstock

【関連記事】

名付けで知っておきたい!漢字にまつわる人気記事ランキング

1: 意外と難しい!? 子どもに聞かれて「読めないと恥をかく」漢字10選

2: イメージが違う!? 名づけ時に知っておきたい「意外な意味の漢字」4つ

3:名は体を表す!「イメージから名前付け」2つのポイントとは?

4:乳離れ←ちちばなれは間違い!? 意外と知らない「正しい漢字の読み方」6つ

※ 辛いダイエットは無理…と諦めているあなたに!オススメのアイテムはコレ![PR]

※ 子どもにとって、おもちゃは精神安定剤!? その理由とは[PR]

LINEで送る