【イヤイヤ期】夫婦で乗り切るために重要!「パパの役割」3つ

出典:https://www.shutterstock.com

魔の2歳児と呼ばれる“イヤイヤ期”は、ママにとってかなりのストレス!

何をやっても「イヤ!」と泣きじゃくるわが子に、思わずイラッとしてしまう瞬間がありますよね。

そんなとき、もっとも身近なところでママの子育てを見つめ、初めての育児に奮闘するパパから優しい言葉をかけられると、嘘のように気持ちが落ち着くことがあるものです。

そこで今回は、まだまだ反抗期が続く5歳児とイヤイヤ期真っ盛りの2歳児と向き合う筆者が“ママが感動したパパの気遣い&優しい一言”を徹底リサーチ!

さらに心理カウンセラーの西たかおさんに、「パパにお願いするべきこと」を伺ってみましたよ。

 

ありがとう!イヤイヤ期に出会った「パパの優しさ」エピソード2つ

出典:https://www.shutterstock.com

(1)ストレスが溜まって息詰まっていたとき(34歳/千葉県在住/2歳6ヶ月のママ)

何を言っても言うことを聞かない息子に苛立って怒鳴ってしまう私を見て、パパが「今日は俺が相手をするよ。たまにはママ一人で気分転換してきたら?」と言ってくれた。

息子が生まれて初めてショッピングをして久しぶりに美容室でゆっくりすることもでき、「また頑張ろう」という気持ちになれた。

 

(2)パパと初めてお留守番したとき(36歳/東京都在住/2歳3ヶ月のママ)

親友の結婚式に参列するため、初めてパパと二人でお留守番をすることに。

初めのうちは楽しく過ごしているメールが送られてきたものの、次第に余裕がなくなってきたのか「もう限界!(涙)」と助けを求めるメールが!

焦って帰宅したら家の中はぐちゃぐちゃ……。

疲れ切った様子で娘と一緒に寝ていたパパは、私の帰宅で目を覚まし「子育てって大変だね。いつもありがとう。○○はママがいい~って泣きながら眠りについたよ」と初めて感謝の言葉を口にしてくれた。

その日以来、パパは積極的に育児に参加してくれるようになった。

こちらの2名のように、パパからの優しい一言はママにとって”最高のビタミン剤”。

心がホッと落ち着きますよね。

でも何をやってもイヤイヤ期のわが子にイライラしてしまうのも事実です。そんなとき、パパは何をすべきなのでしょうか?

2歳の子のパパでもある心理カウンセラーの西たかおさんに、イヤイヤ期のパパの役割について伺いました。

イヤイヤ期「パパができること」3つ

西さん:パパ・ママにとって「魔の2歳児」「イヤイヤ期」かもしれませんが、子どもにとっては人間関係を学び始める重要な時期です。

自我が芽生え、他人との違いや距離感を学びはじめるのです。

従って2歳児と関わるときは成長の段階を理解した上で、個性のある人間として扱うことが大切です。

「できる範囲でやること」

「子どもの人格を尊重して、伝え方を工夫すること」

「許すこと」

「感謝を伝えること」

を心がけ、親自身も無理のない育児スタイルを目指してみてください。

パパとママが幸せなら、それを見て育つ子どもも必ず幸せになるはずですよ。そのためにパパができることを3つお伝えします。

 

(1)ママの物理的な負担を分かち合う

ママの物理的な負担を減らし、休む時間や一人になる時間を作ってあげて下さい。

家事や育児で負担に感じていることを具体的に聞いて、自ら手伝うと名乗り出てみてはいかがでしょうか。

少しでも物理的な負担が減れば、ママの気持ちに余裕が出て家庭が明るくなるはずですよ。

 

(2)ママの精神的な負担を分かち合う

ママが家事や子育てに息詰まっていそうなときは、ゆっくり話をする時間を設けましょう。

そしてどんなに小さなグチでも話を聞いてあげて下さい。言葉にすることで精神的な負担を減らすことができるものです。

ただし“話を聞くだけ・アドバイスはしない”のがポイント。理論武装したパパからの言葉にイラッとしてしまうこともあるからです。

 

(3)父性の役割を引き受けてもらう

優しいママの代わりに子どもに毅然とした態度で伝えたり、ママが叱ったときに子どもの辛さを受け止めて抱きしてもらったり、家庭内では「ママとは違う役割=父性」を演じてください。

パパが”父性”を引き受けることによってママにきつく叱られたとき、子どもの逃げ場ができるだけでなく「また怒ってしまった……」と苦しむママの心も楽になると思いますよ。

 

いかがでしたか?

子どもが成長している証であり、ママやパパが手を焼くイヤイヤ期。

ママ一人では手に負えない状況があったとしても家族みんなで協力すれば、必ず乗り越えられるものです。

ご紹介したことを参考にして頂き、夫婦でイヤイヤ期を乗り切りましょう!

 

【取材協力】
心理カウンセラー – 西たかお
※ 20~40代の2歳児を持つママ
【画像】
※ michaeljung , Studio Romantic / Shutterstock

【関連記事】

ママが悩むイヤイヤ期…ヒットランキングはコチラ!

1: 恐るべし「イヤイヤ」期!親がやってはならない最悪の対応3つとは

2:【2歳】ワガママっ子の原因はパパ・ママどっち?夫婦で対策「イヤイヤ期」

3:【2歳】魔のイヤイヤ期!ママが悩む「3大シチュエーション」別対策

※ 辛いダイエットは無理…と諦めているあなたに!オススメのアイテムはコレ![PR]

※ 子どもにとって、おもちゃは精神安定剤!? その理由とは[PR]

LINEで送る