【あげまん妻】夫が「ふと守りたくなる妻」にある共通点は? #最終回

出典:https://itmama.jp/

妻のことを守ってあげたいと感じると、夫は愛情の分だけより仕事なども頑張るようになるものです。

守りたくなるような妻になることで、夫を自然とやる気にさせるのです。

それこそが真のあげまん妻とも言えるでしょう。

【あげまん妻】の最終回は、夫が「守りたくなる妻」の共通点を紹介します。

 

夫が「守りたくなる妻」の共通点4つ

出典:https://www.shutterstock.com

(1)夫に「依存」しすぎない

自分に依存しすぎていて甘えまくってくる妻のことは、夫もだんだんうっとうしく感じてくるはずです。

まずは自分で何とかしてみようとする姿勢も見せないと、夫も手を貸してあげようという気持ちにもならないでしょう。

いつも頑張ってくれている妻のことは、夫だって自然と応援したい気持ちになるもの。

普段からちゃんと自立ができていて、家事や育児や仕事に頑張っている妻の姿を見ると、夫も何とかして守ってあげたいと思うものですよ。

 

(2)適度に「頼ってあげる」

やはり妻や家族から頼りにされたら、夫は無条件でうれしいものです。

自分が必要とされていることも感じられるので、「力になってあげたい」という気持ちもより一層強くなることでしょう。

ただ、頼りすぎてしまうのはマイナス効果になることもあるので、適度に頼ってあげるがベスト。

特に、夫の得意分野に関しては完全に頼って任せるようにすると、自信を持って力を発揮しやすいです。

プライドを上手にくすぐってあげることもできますよ。

 

(3)「弱み」もちゃんと見せる

男性は女性の弱いところを見ると、思わず心が揺さぶられてしまいます。

手を貸してあげたいという気持ちにもなりますし、自分が何とかしてあげなきゃいけないという思いに駆られたりもするでしょう。

それはもちろん夫婦でも同じこと。妻の弱い部分を見たら、「守ってあげなきゃ」と夫は感じるはずです。

普段はあまり弱みを見せない妻が、ふと弱った姿を見せたりしたら、そのギャップに夫も心をつかまれてしまうでしょう。

 

(4)「最終判断」はゆだねる

夫にはちゃんと威厳を持たせてあげることも大事です。

自分が一家の長だと実感できると、夫も責任感を持つようになりますし、「家族は俺が守っていくんだ」という意識もより強くなっていくはずです。

そのためにも、大事な決め事などの最終判断は、夫にゆだねるようにするといいです。夫婦や家族で色々話し合ったあと、最後の最後の決定権は夫に与えるべきです。

そうすることで、夫の自覚やモチベーションもかなり変わってくるでしょう。

 

あげまん妻は、夫のスイッチを入れるのがとても上手です。

ただ強く賢く振る舞うのではなく、「俺が守ってあげなきゃ!」と思わせることも、夫のモチベーションを上げる重要な要素。

みなさん、夫の一家の大黒柱としての自覚が強く芽生えるようなあげまん妻になってみてはどうでしょうか?

 

【画像】
※ SunKids / Shutterstock

【関連記事】

大人気連載「あげまん妻」前回までの話はコチラから

【あげまん妻】乗せ上手!「夫の扱いがうまい妻」の特徴4つ #24

【あげまん妻】効果バツグン!? 夫をポジティブにさせる「妻の口ぐせ」4つ #23

【あげまん妻】裏で巧みに操るべし!? 夫を「上手に転がす」テクニック4つ #22

※ 辛いダイエットは無理…と諦めているあなたに!オススメのアイテムはコレ![PR]

※ 子どもにとって、おもちゃは精神安定剤!? その理由とは[PR]

LINEで送る