3歳男児、「オネェ化」はじまる!? ゴローパパ#35

出典:https://www.itmama.jp

僕には3歳になる息子、グラ太がいる。

3歳ともなると、「悪いことをしたら怒られる」「お金を払って物を買う」など、この世の大きな概念や仕組みなどがわかりだす年頃だ。

「あーうー」しか言えなかった赤ん坊のころを思うと、とてつもないスピードで彼は進化している。

だって自分の3年前からいま、つまり42歳から45歳までの変化といったら、目のかすみがひどくなったのと、右の肩甲骨まわりの動きが鈍くなったことくらい。つまり彼と正反対の老化・退化してないわけで。

今日は、そんな3歳になる息子の面白カン違いエピソードを育児体験からお伝えしていきます。

「少しは頭、使いなさい!」…思わず笑えるわが子の反応は?

とはいえ、グラ太はまだ3歳。できることが増える一方、その倍くらいに増えたのが“カン違い”な行動の数々。

ついイライラしがちな子育てですが、そんな彼の全力でカン違いしている姿にホッコリをもらうわけです。

そう、彼ら小さな子どもはただ全力で生きているだけ。だから僕ら親はその手助けこそすれ、ガミガミ怒るのもなんだかなぁと、その無垢な姿を見て反省してしまうのです。

さて、グラ太はブロック遊びが大好き。しかしまだ小さかった2歳になりたてのころは上手くできず、よくカンシャクを起こしていました。

それを見かねた妻が、こうひと言。

「少しは頭、使いなさい!」 

するとグラ太はすっくと立ちあがると、妻のお腹に自分の頭をぐりぐりぐりと押しつけたのだ。

いや、「自分の頭で考えなさい」と言ったわけではなく、「頭を使いなさい」と言ったこっちが悪かったけど! 素直かっ! 無垢かっ!

 

3歳男児、「オネェ化」はじまる!?

出典:https://www.itmama.jp

そして、つい先日のこと。公園で親子3人遊んでいると、グラ太が全力疾走しだし“追いかけっこ”をせがんできた。しかし彼をよく見ると、上半身を使っていない。

そのため「腕を振って走れば、もっと早く走れるよ!」とアドバイスしたところ……、

彼は何をどうカン違いしたのか、両腕を前に伸ばし手を振りながら走り出したのだ。

 

オネェかっ!! 振るのは手じゃなくて腕だよ! 全力って凄いっすね。

 

他にも、言い間違えは日常茶飯事。

「おみこし」を「おみこそ」、「かしこまりました」を「かしこりました」

他にも微妙に使い方を間違っているのが、「ねえパパ、お金買って~」

 

あと、その言葉自体は間違ってないのだが、言われると「うっ」となる言葉があって。いまグラ太は3歳になり、やってきたのが「なんで、なんで」期。

すべての事柄に「なんで?」と疑問を持たれるので、会話がまったく進まない。しかしグラ太は疑問を持つと「なんで?」と言わず、こう言うのだ。それを言われるたびに、僕は「うっ」となってしまうのだ。

 

「ねえ、どうして~~~」

 

ドリカムかっ!! しかしこうやって今日も全力で生き、全力でカン違いしているグラ太に

“LOVE LOVE LOVE”

なんである。

 

【画像】
※ 著者提供

【関連記事】

【3歳】「気の弱い男の子あるある」3連発! ゴローパパ#34

実家へ帰省、わが子を思いっきり甘やかす?家でのルールを貫く?ゴローパパ#33

「プラレール」デビューはいつ?“絶対に失敗しない”オモチャの選び方 ゴローパパ#32

※ 辛いダイエットは無理…と諦めているあなたに!オススメのアイテムはコレ![PR]

※ 子どもにとって、おもちゃは精神安定剤!? その理由とは[PR]

LINEで送る