【Q&A】パパが吸っているタバコ、家族へ「副流煙の影響」は?

出典:https://www.shutterstock.com

ママが妊娠したのを期に禁煙するというパパも多いと思いますが、「完全にはやめられない」というのもパパの正直な気持ちかもしれませんね。

子どもがいるご家庭では、タバコが“家族に与える影響”について正しい知識を知っておくことは大切です。

今回は医学博士である川上先生に、ママの気になる質問に答えていただきました!

 

◆今回お話を伺った専門家

Q1:タバコの煙にはどんな成分が含まれている?

A.タバコには様々な“化学物質”が含まれています。

厚生労働省の報告によると、銘柄や種類によって異なりますが、単純に火をつけて吸うタバコには5,300種類以上の化学物質が含まれていることになります。(※1)

このうちの約70種類が発がん性物質とも言われているため、(※1)健康に悪影響を及ぼす可能性が高くなってしまいます。

全ての化学物質を挙げることは出来ませんが、主な化学物質としてニコチンや一酸化炭素、アンモニアなどが含まれます。(※2)

また発がん性のあるものとしてはダイオキシンやクロロエチレン、ベンゾピレンやホルムアルデヒドなどが挙げられます。

 

Q2:パパがタバコを吸っている、副流煙の影響は?

出典:https://www.shutterstock.com

A.様々な影響が考えられます。

まず、喫煙には大きく分けて“主流煙”と“副流煙”があります。

“主流煙”とは実際にタバコを吸った時に摂取される煙のことで、“副流煙”とはタバコに火をつけた段階でタバコの先から出て来る煙のことを言います。

タバコへ火をつけて燃やすことによって化学物質が多く出てきます。これは主流煙はもちろんのこと、副流煙にも含まれています。

副流煙を浴びるということは自分自身では望まないのに強制的にタバコの成分が体の中に入ってくるということ。これを一般的に受動喫煙と言います。

この副流煙に含まれる化学物質によって何かしらの症状が出てきてしまうことも十分に考えられます。

厚生労働省によると、妊婦が受動喫煙をしてしまうことによって子宮内胎児の発育遅延、出生体重の減少の可能性が示唆されています。

また小児の受動喫煙においては喘息、う歯、中耳疾患の可能性が考えられています。(※1)

さらに気を付けなければならないのが乳幼児突然死症候群です。

こちらは妊婦さんの能動喫煙と、小児の受動喫煙によって引き起こされる可能性が高いと言われています。(※1)

 

Q3:妊娠期、タバコを吸うパパへの注意点は?

A.妊娠した本人はもちろんのこと、家族も喫煙に関して十分に注意するようにしなくてはなりません。

日本禁煙学会によると、タバコの受動喫煙の影響を受けないためには、喫煙者から半径7メートル以上離れる必要があるそうです。(※4)

ですが、これは「屋外・喫煙者ひとり・無風状態」での実験結果。家の中で7m以上離れるのはなかなか難しいですよね。

ですので、妊娠が分かった段階でその家族も禁煙することをオススメします。

最近では、三次喫煙(サードハンド・スモーク)というものが問題となっています。これは、“残留タバコ成分“による健康被害のことを指します。

タバコ煙が消失した後にも、タバコ煙に含まれる物質が、喫煙者の髪の毛・衣類・部屋(車内)のカーテン・ソファなどに付着し、気体となって第三者へ健康被害をもたらすというのです。(※5)

子どもの前では吸っていないから大丈夫! ではなく、意外にもタバコの成分はタバコを吸っていないにもかかわらず肺に残っていることがあり、呼吸をする度にその成分が出てきてしまいます。

一部の研究によると、タバコを吸ってからおおよそ45分は呼気にその成分は含まれていると言われています。(※6)

ですから、妊婦さんや乳幼児がいる場合には家に帰ってからはタバコを吸わない、家に帰る一時間前から吸わないなどの工夫が必要となってきます。

 

しかし、依存性があるタバコを簡単に禁煙できない場合もありますよね。

薬局などで手に入る禁煙補助グッズを使用しながら徐々に禁煙を検討してみてはいかがでしょうか?

 

【画像】
※  Zabavnao、still – Shutterstock

【参考】
※1 喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書 概要, 第2章たばこの健康影響 – 厚生労働省
※2 主流煙と副流煙 – 厚生労働省のタバコ最新情報
※3 たばこの煙と受動喫煙 – 厚生労働省e-ヘルスネット
※4 屋外における受動喫煙防止に関する日本禁煙学会の見解と提言 – 日本禁煙学会
※5 三次喫煙 – 厚生労働省, e-ヘルスネット
※6 欅田尚樹 「受動喫煙防止対策の現状と課題」- 国立保健医療科学院

【関連記事】

イライラMAX!「妊活とタバコ」にまつわる夫との仁義なき戦い

本当に健康的なの?話題の「加熱式タバコ」が妊婦に与える影響

タバコと「子どもの食物アレルギー」に関係があるかも?

※ 辛いダイエットは無理…と諦めているあなたに!オススメのアイテムはコレ![PR]

※ 子どもにとって、おもちゃは精神安定剤!? その理由とは[PR]

LINEで送る