【1歳】誕生日が来たら?歯医者に行く「ベストタイミング」とは

出典:https://www.shutterstock.com

赤ちゃんや小さな子どもにも歯が生えてくると、そろそろ歯科検診に連れて行く時期かな……と思っているうちに、半年くらい過ぎていたという経験はありませんか?

明らかにむし歯や怪我であれば、すぐに受診することが多いですが、健診となると、どんなタイミングで歯医者さんに行ったらいいのか迷いますよね。

そこで今回は、ママ歯科医である筆者が「歯医者さんに行くベストタイミング」についてお伝えします。

歯医者さんに行くベストなタイミング

(1)歯の生え始め

歯は乳歯であっても永久歯であっても、生え始めは未熟な状態です。そのため、この時期はむし歯になりやすいのです。(※1)

特に6歳臼歯と呼ばれる奥歯が生えてきたときは、お口の中で1番奥で見えにくく、むし歯になりやすいので、磨き方など注意が必要です。

乳歯が生えてきたり、永久歯が生えてきたら、歯医者さんにぜひ行きたいタイミングです。

フッ化物を塗ってもらったり、むし歯になっていないかをチェックしてもらいましょう。(※2)

 

(2)乳歯の生えかわりの時期

5〜6歳頃、永久歯に生えかわる時期が近づくと、歯と歯の間が広がったり、乳歯が揺れ始めます。

この時、乳歯の裏側から永久歯が見え始めていることがあります。早めに抜いた方が良い場合もありますので、歯医者さんで生えかわりのトラブルがないか、チェックしてもらいましょう。

時には、乳歯がほとんど揺れていないのに、裏から永久歯が生えてくる場合があります。この場合もすぐに受診しましょう。(※3)

 

(3)お誕生日を迎えたらベストタイミング

出典:https://www.shutterstock.com

1歳では、乳歯の前歯が上下生えそろう子も多いです。自治体から案内の来る歯科健診は1歳半健診までないため、それまでにむし歯になっていることも。(※2)

また、最初は仕上げ磨きの仕方やフッ化物の使い方も手探りだと思います。

1歳のお誕生日の頃に歯医者さんでむし歯のチェックや、歯磨き方法などを聞いておくと、日々のオーラルケアもやりやすくなると思われます。(※2)

また、母子健康手帳には、1歳〜6歳のお誕生日を迎えた頃の記録を残すページがあります。

健康診査のページには、どの歯が生えているかや、むし歯や歯の汚れ、不正咬合など歯科に関する記録を記入する欄があります。(※4)

お誕生日を迎えたら、母子健康手帳を持って歯医者さんで記入してもらうと大切な子どもの成長記録を残せますね。

 

(4)午前中の元気な時間帯

赤ちゃんや幼稚園入園前のお子さんの場合、午前中の方が疲れていなくて機嫌も良い傾向にあります。

もちろん個人差はありますが、小さなお子さんでは1日のうちでのベストタイミングは午前中といえるかもしれません。

 

いかがでしたか?

初めての検診はママにとってもドキドキの経験になると思います。

行くならベストタイミングがいい! という方は、検診や歯医者に行く際の1つの目安にしてみてくださいね。

 

【参考・画像】
※ Studio Romantic、Twinkle Studio / Shutterstock
※1 倉治ななえ(2005)『虫歯を防ぐ、歯並びを良くする 子どもの歯をじょうぶにきれいに』(主婦の友社)
※2 小児歯科ーサンスターMouth&Body PLAZA
※3 Q大人の歯が生えてきたのに、乳歯がまだ抜けません。ー子どもたちの口と歯の質問箱ー日本小児歯科学会
※4 母子健康手帳活用ガイドー各種資料等ー日本歯科医師会

【関連記事】

超簡単!子どもが「歯磨きを好きになってくれる」親の行動6つ

「歯の数が足りない!?」生後6ヶ月〜3歳の乳歯のアレコレQ&A

あぁ無知って恐ろしい!「パパが子どもにあげた驚きの食べ物」5選

※ 辛いダイエットは無理…と諦めているあなたに!オススメのアイテムはコレ![PR]

【元保育園園長】直伝!専門家目線でオススメできる万能おもちゃとは?[PR]

LINEで送る