大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!秋の旬レシピ(じゃがいも編)

出典:https://www.shutterstock.com

最近急に気温が下がり、ぐっと秋の訪れを感じますね。

秋といえばやっぱり、食欲の秋♪ 秋が旬のお野菜は離乳食にも向いているものが多いですよね。

そこで、管理栄養士で1児のママである筆者が、旬の野菜を赤ちゃんから大人まで楽しめるように展開したレシピをご提案します。

お手頃で子どもも大人も大好き!じゃがいもレシピ

今回は、今からの時期ホクホクで甘くて美味しいじゃがいもを使ったレシピです!

 

●料理する前に! おさらいしたいじゃがいもの下処理

離乳食と大人メニューの基本となる“下処理作業”です。

アレンジが効くのでじゃがいもを1袋買ったら、まとめて作って冷凍保存もおすすめです。

【作り方】

(1)じゃがいも3~4個の皮をむいたら鍋で茹で、竹串がすっと刺さったらお湯をこぼしてコンロに戻し、水気が軽く飛ぶまで火にかけます(粉ふきいもの状態にする)。

(2)(1)をボウルに入れ、マッシャーなどで潰しておきます。

 

●離乳食初期メニュー:じゃがいもととうもろこしのマッシュ ~粉ミルク風味~

出典:https://itmama.jp/

●材料(1回分)

・じゃがいも・・・10g

とうもろこしフレーク・・・小さじ1

・粉ミルク・・・小さじ1/2~1(お好みで調整)

・水(硬さ調整用)・・・大さじ1~2(お好みで調整)

【作り方】

(1)下処理が終わったじゃがいもを茶こしでこして器に入れます。

(2)(1)に「とうもろこしフレーク」、粉ミルク、水を加えて混ぜます。

(3)(2)を600wのレンジで30秒加熱したら出来上がりです。

 

●大人用メニュー:じゃがいものニョッキ

出典:https://itmama.jp/

●材料(2人分)

・じゃがいも・・・3個

・強力粉・・・40~50g

・生クリーム・・・150~200ml

・ブルーチーズまたは粉チーズ・・・大さじ1

・塩・・・小さじ1/2

・オリーブオイル(彩り用)・・・小さじ1

【作り方】

(1)ボウルに下処理をしたじゃがいもと強力粉を入れてひとまとめにするようにこねます。

(2)まな板に生地がくっつかないように分量外の強力粉を大さじ2~3ほど振り、その上に(1)を取り出したら直径2cmほどの棒状に伸ばした後1cm幅に切ります。

(3)鍋にたっぷりのお湯を沸かし、(2)を入れて浮いて来たらキッチンペーパーの上にすくい上げて軽く水気を切ります。

(4)フライパンに生クリーム、ブルーチーズまたは粉チーズ、塩を入れて沸騰直前まで温めます。

(5)(4)にニョッキを入れて全体に絡め、お皿に盛り付けたら、オリーブオイルをかけて出来上がりです。

 

今回は茹でたじゃがいもを離乳食と大人メニューに展開してみましたが、いかがでしたか?

旬の野菜を親子で一緒に味わえるのは嬉しいですよね。

大人用のメニューはパパのおつまみやちょっとしたおもてなしメニューなど、レストラン顔負けの一品になること間違いなしです♪

今からの季節、より美味しくなるじゃがいもをぜひ親子で召し上がって下さいね♪

【参考・画像】
※ とうもろこしフレーク 70g – Amazon
※ 筆者撮影
※  Africa Studio / shutterstock

【関連記事】

 離乳食もハロウィン仕様に!かぼちゃを使ったメイン&デザートレシピ

美味しく元気チャージ♪栄養たっぷり「フルーツジュース」レシピ2つ

晩ご飯にオススメ!「葉酸が摂取できる」簡単レシピ4品

※ 辛いダイエットは無理…と諦めているあなたに!オススメのアイテムはコレ![PR]

【元保育園園長】直伝!専門家目線でオススメできる万能おもちゃとは?[PR]

LINEで送る