産後のママにオススメ!自宅でできる「骨盤セルフケア」3つ

出典:https://www.shutterstock.com

妊娠、出産、産後と大きくママの体型や体質も変化し、それに伴いママの身体には様々な不調が表れることもあります。

そのお悩み解決の1つに、“骨盤を含む骨格のバランスを整える”ことが挙げられます(※1)出産後、骨盤・バランスを意識し、一番状態の良いボディバランスになることを目指しましょう。

今回は、セラピストである筆者が、自宅でできる産後の骨盤セルフケアを3つお伝えします。

 

セルフケアの前に!自分の状態を知るためにも「サロンに通う」のもアリ

色々な方法を実践しても症状が緩和しない場合や、自宅ケアがあっているのか心配なママも多くいますよね。

自分の状態を確認するためにも一度専門サロンに行ってケアし、その後セルフケアをする流れもいいのではないでしょうか。

サロンを選ぶポイントとしては、産後ケア施術だけでなく重心のバランスを整え体の使い方などのアドバイスを行ってくれるところがよいかとセラピストの筆者は思います。

また最近は託児付きのお店も増えていますので、子どもを預けられないママはそういったサービスを利用してみてくださいね。

 

しかし、なかなかお店に足を運べないママも多くいらっしゃいます。そんな方は、セルフケアを行ってみてください。

次の項目では、セラピストである筆者が行っていた“自宅で簡単にできるセルフケア”をご紹介していきます。

 

セラピストオススメ!自宅でできる「骨盤セルフケア」3つ

(1)体の重心を整えるケア

骨格バランスが崩れると重心が変わりやすく、筆者の経験上、産後は外側に重心がかかりがちになります。

この運動では、骨盤周辺と足の内側の筋肉を意識して、重心を正しい位置に戻すことを目指します。

1.壁に立ち脚は肩幅に広げる。両足を1歩分前にだし背中を壁につける
2.ゆっくりと腰を落とす
※曲げた膝が足首より前に来ないこと、足首が90度になるように。
3.腰を壁に押し付ける。肛門を締める。1分間キープ。

出典:https://itmama.jp/

 

(2)お尻が大きくなったと感じる時のケア

1.うつぶせ両ひじをついて上半身を起こす。
2.左右の太ももとふくらはぎに力を入れくっつける。
3.肛門を締める15秒キープゆっくり力を抜く。5セット繰り返す。

出典:https://itmama.jp/

 

(3)1番簡単!お尻の穴をしめるケア

忙しいママは生活の中で引き締め実践をしましょう。子どもを抱っこしている時や家事中にもぜひ行ってください。

1.膣(ちつ)を上に引き上げるイメージで肛門とお尻の穴をしめる。
2.そのままゆっくりキープ15秒の後、ゆっくり力を抜く。

上記を進めるにあたり、痛みや違和感を感じるようでしたら一旦中断して、無理しないでくださいね。

 

産後一番のNGなことは、“左右非対称”な姿勢を長く続けることです。座るときは横座りではなく、両足を伸ばす、体育座りがいいと思います!

無理なく、チャレンジしてみてくださいね。

 

【参考・画像】
※1 『産後ママの心と体をケアする本 』日東書院本社 (2012)

【関連記事】

※ 健康美ボディーに憧れる~!産後の「おうちダイエット」3つ

※ プチ・炭水化物抜き!簡単「おきかえダイエット」3つ

※ 育児しながらダイエット!? ママだからできるお手軽方法

※ 辛いダイエットは無理…と諦めているあなたに!オススメアイテムはコレ![PR]

【元保育園園長】直伝!専門家目線でオススメできる万能おもちゃとは?[PR]

LINEで送る