「防災の日」に見直し!防災グッズと親子で参加できるイベント2つ

出典:https://www.shutterstock.com

万が一の災害には、特に備えておきたいのが“防災グッズ”。

ママになり守るべき命が増えると、小さい子どもを守るには大人とはまた違う物が必要になります。

9月1日「防災の日」をきっかけに筆者の家でもグッズの見直しを行い、最新防災イベント情報を集めてみましたのでご紹介します。

 

防災グッズ、アップデートしていますか?


出典:https://itmama.jp/

筆者の家の防災グッズは、自分で用意したリュックと市販購入したセットの2つ。

しかし用意したリュックは数ヶ月前から開けておらず、今回中身を確認すると足りない物ばかりだと気がつきました。

出典:https://itmama.jp/

(左から 布袋、給水バッグ、タオル、乳児肌着、水、赤ちゃん麦茶、レインコート、消毒ジェル、小銭、ろうそく、生理用品、電池、軍手、靴下、カイロ、ティッシュ、簡易トイレ)

1歳の息子がまだ歩けない頃に準備をしたままの状態だったため、入れてある肌着は乳児用でサイズが小さく、なんと赤ちゃん用麦茶は賞味期限が切れ……!

他にも非常食にはとろとろの離乳食が入っていたりと、今の息子には適していない物ばかり。

成長の早い子どもがいるなら防災バッグは定期的にしっかり見直さなければと痛感し、改めて最新の防災用品や情報について見直す必要を感じました。

 

基本品+子どもに合ったものを用意すること

出典:https://itmama.jp/

(写真は、市販で売られている防災基本セット)

市販防災バッグの中身は軍手、水、食料、救急セット、ウェットシートや除菌用品、雨や寒さから身体を守るポンチョ、簡易トイレ、マスクなど。

電気を使わず救助を求めることが出来る笛、様々な用途で使えるラップなども入っています。

筆者の家では今回の見直しで、上に加えこちらを用意することに。

出典:https://itmama.jp/

(左から 子ども用マスク、現金とクレジットカード・通帳、ビニール袋、簡易充電器)

マスクは子ども用に小さいサイズ、またラジオや懐中電灯代わりにスマートフォンを使う頻度が高くなることを考え、簡易充電器を追加しました。

クレジットカードと通帳は、普段の使用頻度が少ない物を入れておくことに。

この他今の息子に適していない肌着や食品は破棄し、オムツを数枚加えました。 

 

また、何から準備したらいいか分からない!というママにはこんなグッズもおすすめです。

出典:https://www.atpress.ne.jp/news/136851

通常の防災セットは長期間保管することが多く、赤ちゃんに特化した防災セットは、これまであまり意識されてきませんでした。

妊娠中・育児中のママや被災経験のあるママの声および専門家の意見を活かした、新生児から1歳までの赤ちゃんとそのママ向けの防災セットです。

赤ちゃんの成長に合わせて中身を少しずつ入れ替えることで、1歳以降も使い続けることができます!

「赤ちゃんとママを守る防災セット」基本仕様
名称  :赤ちゃんとママを守る防災セット
販売期間:2017年9月1日(金)~売切れ次第終了
販売個数:150個
購入方法:アプリ「妊婦手帳」( http://www.nimpu.jp/support/ )と
      「育児手帳」( http://support.ikuji-techo.jp/ )内の
      「お知らせ」枠から通販サイト「CONCENT」にアクセス。
販売価格:15,600円(税抜)

 

避難のシュミレーションをしておくこと 

災害は地震や津波などライフラインが途絶え地域全体で避難が必要な場合と、各家庭一世帯での火災などで、必要なグッズも少しずつ変わってきます。

子どもを抱きかかえての避難を考え、筆者の家では”これだけは必ず”という物(現金類・充電器・マスク・消毒セット・レインコート、水と食料は最低限)を小分けにし、重さのある物は最悪の事態の場合には捨てていけるようにしました。

 

親子で学ぶ!最新防災イベント2選

毎年9月の「防災週間」には、 子どもも一緒に参加が出来る防災イベントが各地で開催されています。 

いざという時のために災害や避難について子ども自身にも知っておいて欲しいため、楽しみながら学べるイベントには是非参加してみたいものです。

 

(1)ぼうさいモーターショー

【日時】9/10(日)10:00~15:00(※荒天中止)
【参加費】無料
【場所】東京臨海広域防災公園側園地
消防車やパトカーなど、おなじみの車両はもちろん、警視庁や国土交通省が保有する災害対策車両など、普段見かけない車両も展示します。
アメリカの消防車や、今年は警視庁のヘリコプターも登場!災害時に活躍する様々な乗り物を間近で見られるチャンスです。

 

(2)わくわく防災体験教室親子で楽しく学ぶ防災対策~防災シンポジウム2017~

【日時】9/16(土)10:00~13:00(9時30分開場)
【参加費】無料(一部事前予約有)
【場所】スクワール麹町 
消防隊員の服を着て写真撮影、日用品を使った防災グッズ作りや、消火、地震、応急救護等が体験できるブースなど、親子で楽しく学べるワークショップが盛りだくさん。
5歳までの乳幼児を預けられる託児サービスもあるので、きょうだい連れにもおすすめです。

 

子どもがいる家庭では、防災グッズや情報は常にアップデートしていくことが大切だと防災の日を機に改めて実感しました。

大切な家族を守るためにも、皆さんも防災週間をきっかけに見直しを行ってみてくださいね。

 

【参考・画像】
 大切な赤ちゃんにこそ防災対策を 現役ママの声を活かした、「赤ちゃんとママを守る防災セット」が 限定150個で9月1日よりコンセントで販売開始 – @press
※ 【9月11日開催!】ぼうさいモーターショー – 東京臨海広域防災公園
 わくわく防災体験教室親子で楽しく学ぶ防災対策~防災シンポジウム2017~ – 東京消防庁
※ 筆者撮影

【関連記事】

 保育園の訓練に学ぶ、家庭でも実践できる「防災対策」2つ

※ 【9/30(土)~10/1(日)開催】日本最大級のママイベント!ママフェス2017

※ M7余震に注意!絶対備えたい「赤ちゃん用防災チェックリスト」

※ 【お腹についた憎き脂肪】辛いダイエットは無理…と諦めているあなたに![PR]

【元保育園園長】直伝!専門家目線でオススメできる万能おもちゃとは?[PR]

LINEで送る