「バ~カ!」と言われたわが子へ…小学校教師から学んだ神対応2つ

出典:https://www.shutterstock.com/

幼稚園・保育園・小学校などで子どもがお友達と遊ぶようになると、子ども間の“イザコザ”はつきものです。

嫌なことをされたり、 嫌なことをしてしまったり、そうして悲しかったり、切なかったりといった体験は、子どもが他者との関係を学ぶための大切な成長過程。

とはいえ、嫌な言葉を言われ落ち込んでいる子を前に、親として何ができるでしょうか?

この記事では、米国で17年間教育に携わる筆者が、ある米国の公立小学校の先生に教えられた対応を紹介します!

長岡真意子

 

「バ~カ」といわれた娘さんに米国小学校の先生がかけた言葉

小学校の先生の娘さんが、ある日泣きながら家に帰ってきたといいます。

娘:○○君がね、私のこと「バ~カ」って言ったの……。
先生:あなたはそれが嫌だったのね。止めて欲しいと伝えた?
娘:うん。何度か。
先生:じゃあ、あなたはあなたのことバカだと思う?
娘:……、思わない。
先生:そう、だったらそれはもうあなたの問題じゃなくて、○○君の問題よ。あなたが傷つく理由は何もないのよ。○○君、何か嫌なことがあったり、疲れていたのかもしれないし、あなたのことが大好きだけどうまく表せないということもあるのかもしれないね。

娘さんは、こくりと頷いて、涙をぬぐっていたそうです。

では、この“先生の対応”を元に、親ができることを考えてみましょう。

 

「止めて!」と自分の気持ちを相手に伝えることを教える

出典:https://www.shutterstock.com/

まずは、はっきりと自分の気持ちを相手に伝え、“自分で自分を守る姿勢”を培ってあげましょう。

自分の気持ちをなかなかお友達に対して口に出せない子は、人形などを用いたごっこ遊びで“練習”をして慣れていくのも方法です。

また普段から、「あなたはどうしたいの?」「あなたはどう思う?」と聞き、その子自身の「したいこと・したくないこと」を、尊重してあげるのも大切です。

例えば、玩具の取り合いなどでも、すぐに「貸してあげなさい」と我慢させたり、相手の子の意向ばかりに沿うよりも、「あなたはどうしたいの?」と聞き、「あと3回使い終わるまで待つ」というように“相手の子と交渉させる”のもいいのではないでしょうか。

 

「あなたが納得しないなら受け取る必要はない」と伝える

「投げかけられる言葉を全て受け入れる必要はないのよ、あなたには選択する力がある」と教えていってあげたいですね。

そして、「受け入れない」と自分が決めたのならば、あとはもう、相手の問題。自分がその言葉によって傷つく必要はないのだと伝えます。

多様な文化や価値観の入り交ざる米国では、日常生活が全く異なる意見や考え方と隣り合わせにあります。

そうした中、周りの言葉にいちいち振り回されていては、日々の暮らしさえままならなくなってしまいます。

周りの意見に惑わされず、自分で考え方を選択し、“自分軸”を築いていくこと。

世界中が瞬時に繋がるインターネットが日常生活へと行き渡り、日本もこれからますます多様な価値観と隣り合わせに暮らすことになるだろう中、こうした米国で培われた姿勢を日本でも子ども時代から身につけていくことは、今後大いに役に立つのではないでしょうか。

 

自分の意向を言葉にして表す、そして、周りの意見を選択できるということ。

これからを生きる子ども達に、ぜひ、伝えていきたいですね!

 

【画像】
※  Monkey Business Images / Shutterstock

【関連記事】

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#03 いじめはどうやって見抜けばいいんでしょう?

ケンカをしない子は「いじめっ子」になりやすい?その理由3つ

※ DQNネームはいじめられやすい?「保育園で子どもがいじめられた時」の対処法

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

【元保育園園長】直伝!専門家目線でオススメできる万能おもちゃとは?[PR]

LINEで送る