【1歳5ヶ月】ママが英語教育にチャレンジ!おすすめ動画2選

海外に住むママに悩みを聞いてみると?

出典:https://www.shutterstock.com

筆者の周りには、海外で子育てをしている日本人ママたちも多いのですが、みんな悩んでいることが同じでした。

それは「子どもが成長するにつれ日本語が下手になる」ということ!

英語圏に居れば、子どもは自然に英語を喋れるようになると言います。

ただ、英語よりも日本語の方が格段に難しいので、話すのに楽な英語を主に使うようになり、日本語が片言になる子もいるそうです。

なので、お家での会話はあえて日本語に設定しているのだとか。

自分たちの母国語は日本語なので、無理して一緒に英語を使おうとすることはなくて、最も得意な日本語を使うのだそう。

なんとも目から鱗な話です。子どもに英語をやらせるにはこちらも猛勉強しなくてはいけないのか……と思っていましたが、そう思うとちょっと敷居が低くなりませんか?

親が英語に苦手意識を持ってしまい、子どもと会話がなくなってしまったら悲しいですよね。家族が気持ちよくコミュニケーションをすることが最も大切なようです。

 

英語でも日本語でも「伝える力」を伸ばしてあげたい!

出典:https://www.shutterstock.com

筆者が子どもに英語を喋らせたいと思う理由のひとつに、“コミュニケーション能力”を伸ばしたいという思いがあります。

正直、英語を学ばせたいだけならば中学になっても高校になっても出来ますよね。ただ、英文法や単語をいくら覚えても、使えなければもったいない!

今ではあまり珍しくないですが、筆者の通っていた小学校は週2回ほど外国人の先生の英会話の授業があり、英語の歌を歌ったりお買い物ごっこをしたりしていました。

筆者が海外へ行っても日常会話で困らないのは、小学校の時の実践があったからです。むしろ、そのお買い物ごっこで英語の大半を学びました。

自分から欲しいと伝えたり、何が欲しいか聞いたり、英語でコミュニケーションを楽しめることが大事だと感じています。

 

いかがでしたか?

ここで紹介したのは筆者の周りの経験と一例ですが、「英語教育何からはじめよう?」とお悩みのママに参考になればと思います。

 

【画像】
※ Sergey Nivens , realpeople , FamVeld /shutterstock

【関連記事】

 人気のお稽古ごとランキング上位「英語とピアノ」、意外な共通点って?

 幼児には無理と決めつけてない!? 「0歳児からでも出来る」マナーのしつけ方

 0歳からの教育増加中!「シンガポールで人気」の習いごと5つ

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

【元保育園園長】直伝!専門家目線でオススメできる万能おもちゃとは?[PR]

LINEで送る