「わたし、低体温かも…」基礎体温と性交渉のタイミングは?

出典:https://www.shutterstock.com

体温が低い人は血流が良くないことが考えられますが、そのことが原因で何かと身体の不調が増えてくる可能性があります。

妊活中の女性で「私低体温かも」と感じている人へ向けて、今日は医学博士の筆者が基礎体温と性交渉について知っておきたいことをご紹介します。

低体温の人の基礎体温グラフの特徴

出典:https://www.shutterstock.com

基礎体温は女性器の環境によって変化をします。大きく分けると低温層と高温層。低温層から高温層に切り替わる時に通常は排卵をします。

低温層が続いてしまうということはいくつか要因がありますが、ホルモンの影響を十分に受けることが出来ないために、排卵をすることが出来ないということが考えられます。

低体温である場合には低温層が続いてしまうということ。このような場合は基礎体温に急激な上昇が見られずに平坦になってしまう、もしくは小さな範囲で体温の上昇下降がみられることがあります。これを基礎体温の一相性と言います。(※1)

月経が不順であったり、強いストレスを受けていたりすると恒常性と言って生体内部環境が崩れてしまうことによって、月経が来たとしても排卵を伴わないという“無排卵周期”となってしまうことがあります。(※1)

排卵をしていないと妊娠をすることが出来ませんから、婦人科等早めの対応が必要となります。

次の項目では、「性交渉のタイミング」に関してご説明します。

LINEで送る