姉妹を育てる美ママが伝授!とっておきの「育児のゆるコツ」♡

出典:https://www.instagram.com/

筆者は昨年第二子を出産し、現在3歳&0歳姉妹の絶賛子育て中!

二児育児と言えば、“大変で自分の時間がなかなか持てない”というイメージもありますが、筆者の場合は違いました。

長女の時の子育て経験のおかげでコツを少し掴み、育児に力を入れ過ぎない方法を知りました。なので次女を出産してからの方が、時間と気持ちに余裕を持ちつつ育児を楽しめています。

EYEWEARブランドのディレクターとして仕事をこなしつつ育児を楽しむ筆者オススメの“ママのプチ贅沢法”や“育児のゆるコツ”をお教えします。

 

日常にプラスアルファしたい3つのコト

(1)朝活

出典:https://www.instagram.com/

子どもがいると朝どうしてもゆっくり寝ることができず、寝起き早々1日の子育てが容赦なくスタートします。

そんな時、筆者はたまに、寝起きから元気な子どもとモーニングをしにいきます。

家でのバタバタを一旦後にして、他人が淹れてくれた美味しいコーヒー飲んで目を覚ましに行くのです。

ファミレスだと子ども用のモーニングメニューもあったり親子でいつもと違う朝食で特別感もあります。

 

(2)花のある生活

出典:https://www.instagram.com/

筆者は日常にストレスを感じたり、気分が落ち気味になると花を買ってリビングに飾ります。
ブーケも素敵ですが、季節の花を1綸飾るだけでも普段の見慣れた光景が少し違って見え、鮮やかで美しい花に気分が上がります。

さらに3歳の娘は花に水をあげたり、水替えのお手伝いがとても好きになり、色々な花を見せることでお絵かきのお花のバリエーションも増えました。

 

(3)先端美容

出典:https://www.instagram.com/

女性として顔やボディのメンテナンスも気になりますが、筆者は母となってから“手先”と“指先”のケアを意識するようになりました。

日常で家事や育児を頑張れば頑張るほど、その証が出やすい場所だと感じております。
そんな苦労の賜物にちょっとご褒美として、お気に入りのハンドクリームやマニキュアでお手入れしてみてはいかがですか?

ふと素敵な香りがしたり、しっとりした手、可愛いカラーのネイルだと気分が全然違います。

 

子どもには「ダメ!」より「やっていいよ」が効果的

(1)一石二鳥なお風呂遊び

子どもたちとのお風呂タイムはリラックス気分とはほど遠く、もはや戦争。
そんなときに役に立つのが “シャボン玉”。

手がベタベタになってもお風呂場なら気にならない。たくさんのシャボン玉に次女も大喜びで二人でゆっくり遊んでくれるので、その間に筆者もゆっくりとお風呂に入れます。

たくさん遊んだあとは壁や床をシャワーで流してお掃除にも。

 

(2)ごはん支度の際のかまってちゃん

育児で困るあるあるのひとつ“ごはん支度の際のかまってちゃん”

キッチンでは火や包丁を扱うので子どもにとっては危険と思い、近づいてくるとつい怒ってしまいがち。

子どもに気を取られながら料理をすると失敗したり、中途半端になり余計に時間がかかります。

そんな時は、小さなコックさんの出番です!

子どもたちは決して邪魔したいのではなくママの料理に興味を持ち参加したいのです。

包丁の代わりに鋭くない“おままごとの包丁”を渡し、切るお手伝いをさせています。(怪我をしないよう、安全なものを使用してくださいね。)

また、子どもでもできるキャベツやレタスをちぎることだって立派な料理。

そして、筆者の娘が1番好きなお手伝いは“味見”。

いろいろな形で参加させてあげると、可愛い姿を見ながら笑顔でごはん支度もはかどります。

 

(3)よーいどんでやる気スイッチON

子どもは親が急いでるときに限ってマイペースぶりを発揮します。 お片付け、服や靴の着脱、遊び食べ、どんなシーンでもきちんとできるようになるわが家の魔法の言葉、それは

“よーいどん!”

時にはしつけのために言い聞かせたり叱ることも必要ですが、まだまだ子どもなので時には遊ぶ感覚で伝えれば一生懸命頑張ってくれます。

出典:https://www.instagram.com/

子育てとは決して楽なものではなく、たくさんの悩みを抱えながら日々奮闘するものです。でもその、親としての大変さをいかに充実させ楽しむかは自分次第。

TV・雑誌・SNSに影響され、“こうでなくてはいけない”という縛りに囚われて疲れてはいませんか?
親であろうとひとりの人間なので無理をしすぎずマイペースな育児を心がけてみると良いと思います。

 

【画像】
全て著者撮影 – Instagram

【関連記事】

※ VERY8月号でも話題!ママのオシャレ「水遊びファッション」のコツ

※ 1人目と比較すると“ナゼだかユルい“?思わず共感できてしまう「2人目育児あるある」7選

「育児ノイローゼ」2人に1人が実感!筆者の壮絶体験記

年商30億…!? ママならではの「アイデア育児グッズ」3選

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

※ 「育児の本音」挫けそうになった時、落ち込んだ時…がんばれたキッカケは?[PR]

LINEで送る