トータル5分以内!元美容師ママに聞いた「夏の時短ヘアアレンジ」3つ

出典:https://itmama.jp/

夏は、汗をかいたりプールや海で水に濡れたりとヘアスタイルに悩む季節。

筆者も、自分の身支度にかけられる時間は少ないですし、「不器用な自分にはヘアアレンジなんてできない!」と決めつけ、パパッと適当に結び、帽子をかぶって誤魔化すのがお決まりでした……。

しかし、「本当はヘアスタイルだってオシャレしたい」というのがママの本音ではないでしょうか?

そこで今回は、悩めるママたちにオススメの夏にぴったりな”時短ヘアアレンジ”を、表参道の人気サロンに勤めていた元美容師ママに伝授してもらいましたのでお伝えします!

元美容師ママに聞いた!5分で出来る‘‘夏の時短ヘアアレンジ’’3選

今回は、筆者のように「ヘアアレンジは普段あまりしない!」「身支度には時間がかけられない!」というママでも‘‘ひと手間’’加えるだけでオシャレに見える“簡単 時短ヘアアレンジ”を3つご紹介します。

(1)超簡単!「くしゃくしゃテク」でこなれお団子ヘア

出典:https://itmama.jp/

1.髪全体を水で湿らし、ツヤの出るクリームやジェルを手のひらにひろげ、髪全体をくしゃくしゃと握るように揉み込みウェットな質感を出す。

2.先程1で作ったウェットな質感を崩さないように髪を一つにまとめ、後頭部の丸みの1番高い位置(耳よりやや上)にお団子を作る。(筆者は髪が短いためやや低めにお団子を作りました。)

出典:https://itmama.jp/

3.襟足が落ちてきてしまう場合は、束にしてネジネジし、お団子の周りにピンでとめる。

4.全体のバランスをみて後れ毛やほつれを出して完成!

結ぶ前に、くしゃくしゃ揉みこむ一手間加えるだけで、普通のお団子ヘアに比べて一気にこなれ感を出すことができました!

また、後れ毛やほつれをバランスよく出すことも、こなれ感をさらに引き立たせる重要なポイントだそうです。

とくに髪色が暗い場合はメリハリがつきづらいので、「少しやりすぎかも?」というくらい大げさに後れ毛やほつれを出してみてくださいね♪

 

(2)トレンドの「ゴールドピン」でアクセント!無造作ハーフアップお団子ヘア

出典:https://itmama.jp/

1.耳上の髪をハーフアップし、小さいお団子をつくる。このとき“無造作感”が出るように、きっちりではなくザックリ結ぶ。

出典:https://itmama.jp/

2.下の髪は、ヘアアイロンで毛先を軽く巻く。(筆者は今回ストレートアイロンで外ハネにしました。)

出典:https://itmama.jp/

3.仕上げにサイドにゴールドピンを2本をクロスさせるように留めて完成です!

出典:https://itmama.jp/

仕上げに”ピンを留める”だけで、雰囲気をぐっとオシャレに仕上げることができました!

ゴールドピンは、3本使ってクロスさせるアスタリング型にしたり、トライアングル型にしてみても良いですね。

ファッションや気分に合わせて使い分けてみてくださいね。100円ショップなどでも手に入るお手軽アイテムです!

 

(3)「くるりんぱ」を繰り返すだけ!!思わず釘付けになる上級者風まとめ髪アレンジ

出典:https://itmama.jp/

1.トップの髪の毛をつむじ後ろ辺りまで取り、ゆるくハーフアップする。

出典:https://itmama.jp/

2.ゆるく結んだ部分の真ん中に指で穴をあけ、結んだ束の毛先を内側周りで“くるりんぱ”する。

出典:https://itmama.jp/

3.“くるりんぱ”した毛束を2つに分けて左右に軽く引っ張り、根本をキュッと締める。

出典:https://itmama.jp/

4.片手で結び目をつまみながら、反対の手でトップとサイドをほどよく崩す。

5.残りの髪の毛も約2センチ幅ずつ、同様に“くるりんぱ”を繰り返す。(くるりんぱした髪の毛先も一緒に結んでいく。)

6.襟足まで結んだら、毛先を結び目に巻き付けヘアピンで留め、仕上げにバランスを見ながら後れ毛やほつれを出して完成!

“くるりんぱ”を駆使するだけで、とても手の凝ったようにみえるオシャレヘアに仕上がりました!

難易度が高そうに見えますが、不器用な筆者でも3度目からは5分以内でできるようなりましたよ。

また、仕上げにハードスプレーやハードジェルを使うと、プールや公園でも汗や風での乱れを気にせず子どもと思いっきり遊べるのでオススメです!

 

いかがでしたか?

“簡単ひと手間ヘアアレンジ”なら、時間がないママやヘアアレンジに自信がないママでも挑戦できそうですよね!

まだまだ暑いこの夏。ぜひ、時短ヘアアレンジに挑戦してみてくださいね!

 

【画像】
※ すべて筆者撮影

【関連記事】

※ オシャレ&安い!「韓国子供服」はトレンドアイテムの宝庫だった!?

※ ラメが目に入って充血!入園・入学式のNGヘアメイク事例5選

※ ミランダ・カーもお気に入り!着やせも叶う「アスレジャーコーデ」とは

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

【元保育園園長】直伝!専門家目線でオススメできる万能おもちゃとは?[PR]

LINEで送る