マンションあるある?「ご近所付き合い&騒音」トラブル事例2つ

出典:https://www.shutterstock.com

みなさんが現在住んでいるのは、マンションですか? 戸建てですか? 

結婚をして、子どもが生まれ、とうとう夢のマイホームを購入するというタイミングを迎えているという方も多いのではないかと思います。

しかし、念願のマイホームを手に入れてハッピーな話がたくさん聞けるのかと思いきや、意外と引っ越し後に起きたトラブルの話をよく耳にします。

そこで今回は、マンションを購入した筆者のママ友2人が実際に経験した“ご近所トラブル”について、ご紹介したいと思います。

マンショントラブル「人間関係・騒音」被害事例2つ

(1)人間関係トラブル「タワーマンションにおける階数差別」

一度は憧れる“タワーマンション”。しかし、近年はテレビドラマのイメージなどで“ママ友問題”や“マンション内カースト”を連想してしまうこともあるのではないでしょうか。

高層階に住んでこそ、タワーマンション! というイメージは確かにありますが、実際は間取りや地域が気に入って部屋を決めることもありますよね。

中には、高所恐怖症で低層階を購入したという方もいると思います。

しかし、なぜか「低層階VS高層階」という意識が根強くあるところもあるようです。

ご主人が高所恐怖症でタワーマンションの5階にあるお部屋に引越したママ友は、息子さんと同じ幼稚園に通うお友達のママから「お宅は何階ですか?」と聞かれ、「5階です。」と答えてから、エントランスで会っても無視されるようになったと言っていました。

耳を疑う話ですが、高層階の人からの見下されたような視線や態度がとてもイヤで、外出する気になれなくなると悩んでいます……。

 

(2)騒音トラブル「自分たちが加害者に!? 下の階の住民から苦情が…」

出典:https://www.shutterstock.com

子どもが2歳になってからマンションを購入したママ友。

こだわりの強いご主人が購入を決めたというマンションに引っ越したところ、下の階に住んでいたのが超神経質な方だったのです。

引っ越して1週間で「子どもの足音がうるさい。日中はどこかに出かけてほしい」と言われ、その後も寝かしつけをしている時間にピンポーンと「お風呂に入っている音がうるさい」と文句を言いに来たそう。

ご主人同士の話し合いで、ママ友の家の廊下にはクッションマットを敷きつめ、さらに上からカーペットを敷き対応したそうですが、それでも家まで文句を言いに来ることが月に1回はあるそうで、「家にいても全然落着けない……」と悩んでいます。

 

マンショントラブルにならないための対処法

こちらの記事で紹介したトラブルはほんの一例に過ぎませんが、いったいどうすればこのトラブルは対処できるのか、ご紹介します。

(1)「人間関係トラブル」対処法

住んでいる階層で付き合い方を変える方とは、こちらからお付き合いを避ける方法でOKだと思います。

自分自身が悩んでもないものを気にしていても仕方がないので、気が合う方と仲良くするのをオススメします。

実際に被害に合った筆者のママ友も、同じ階や違う階であっても、“一緒のマンションに住んでいるから”と、仲の良い友だちと良好な関係を築けているようです。

 

(2)「騒音トラブル」対処法

騒音に関するトラブルは、“気になる音”が人それぞれなのでとても難しいですよね。

購入して住んでからのご近所トラブルは、簡単に引っ越しをしたりできない分、購入前の下調べが重要だと筆者のママ友は感じたようです。

どんな人がお隣、下の階に住むかを知るのは難しいですが、引越し時の挨拶や、日頃の挨拶、交流などでコミュニケーションを取ることで、揉め事を避けらるかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

これからマンションの購入を検討している方は、ご紹介した内容を参考にしてみて下さいね。

【画像】
※  Mut Hardman , Iakov Filimonov / Shutterstock

【関連記事】

※ 産後レス解消で2人目妊娠!「夫をその気にさせた」魔法の言葉

※ 「今日は排卵日よ!」って言われても…夫が引いちゃう妻のNG発言5選

※ 妊活中なのに「夫がセックスが好きではない」、どうしたらいい?

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

【元保育園園長】直伝!専門家目線でオススメできる万能おもちゃとは?[PR]

LINEで送る