【助産師に聞いた!】妊娠発覚後の「産院選び」チェックポイント4つ

出典:https://www.shutterstock.com

妊娠がわかると、すぐに決めなくてはならないことがいっぱい。

その中で特に悩むことの1つが“産院選び”です。

一生に数えるほどしか経験しないであろう出産を、できることなら素敵な思い出にしたいですよね。

そのためにも産院選びは重要です。

今回は、助産師として数々の出産に携わってきた経験があり、1児の母でもある筆者が、なかなか目を向けにくいけれど、出産の時には重要なポイントをご紹介していきます。

立会い出産はできる?できない?

厚生労働省の調査によると、立ち会い出産をする割合は、夫が53%、親12%、その他5%、誰もいない41%でした。

立会い出産を希望する妊婦さんは多いですよね。

ただし、産院によっては立会い出産に制限があることがあります。

夫のみ、もしくは夫と実母のみと立会いできる人が決まっていたり、分娩室に一度に入れる人数が決まっていたり、妊娠中に両親学級に参加していないと立ち会えないというところもあります。

立会い出産の条件はホームページに記載のある産院が多いですので事前に確認しておきましょう。

 

写真やビデオ撮影はできる?できない?

出典:https://www.shutterstock.com

友人からの出産報告の時には、生まれたばかりの赤ちゃんを抱いた写真が添付されていることが多いですよね。

また、出産中の様子をビデオに残しておきたいと考えている妊婦さんもいると思います。

でも、分娩室での写真撮影やビデオ撮影は制限を設けている産院も実は多いです。

実際に筆者の働いていた病院では分娩室でのビデオ撮影は一切禁止していました。

また全く制限なく、ずっとビデオを回すことができる産院もありますので、撮影の希望があれば、撮影の可否は事前に尋ねておきましょう。

 

個室は使用できる?できない?

産後の入院は平均で数日〜1週間程度。短いようで意外と長いです。

出産まで何時間も寝ずに体力を使ったあとそのまま育児が始まるため、産後は寝不足になりがち。

同室の方に気を遣わずにゆっくり休めるよう個室を希望する方も多いと思います。

ただ、個室も料金が追加で発生する産院や、個室を希望していても確約ではなくその時の状況では総室になる産院もあります。

また、反対に全室完全個室のところもあります。

個室の希望があるのであれば、利用条件はどうなっているのか確認しておきましょう。

 

上の子に会える?会えない?

出典:https://www.shutterstock.com

2人目以降の出産の場合、上の子どものことが気になりますよね。

立会い出産や子連れ入院が可能な産院や、通院時の託児が可能な産院もありますので、預けるのが難しい場合はそういうところを選ぶといいかもしれませんね。

また、総合病院などは子どもが病棟にすら入れないようなところや、赤ちゃんとは鏡ごしでの面会のみのところも多いです。

2人目以降の出産であれば、子どもの面会制限があるかなども確認しておきましょう。

 

いかがでしたか?

産院によって一長一短ありますが、自分の希望と合っているかよく検討して、不明な点は確認してから分娩予約をして下さいね。

希望の産院が見つかり、いいお産体験ができますように。

 

【参考・画像】

「母親が望む安全で満足な妊娠出産に関する全国調査」(2013年3月発行) – 厚生労働省

※Africa Studio, Mut Hardman , Vadym Zaitsev / Shutterstock

【関連記事】

「なんか熱っぽい…?」妊娠初期の微熱や火照りの対処法

妊娠がわかる前からが大事!葉酸の基礎知識まとめ3つ

妊娠中「マタニティハラスメントを避ける」簡単な方法3つ

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

【元保育園園長】直伝!専門家目線でオススメできる万能おもちゃとは?[PR]

LINEで送る