イヤイヤ期ママは要注意!「イライラしている時の姿勢」って?

出典:https://www.shutterstock.com

毎日、私たち母親は子どもに対して「だめ!」「もー!」「何でそんなことするの!」などという言葉をどれくらい発しているでしょうか。

イタズラが大好きな子どもだと尚更、ママたちのイライラは止まらないことと思います。

そんなイライラしているママの姿勢ってどうなっているかご存じですか?

今日は、ヨガインストラクターで1児のママである筆者が、育児ストレスと日頃気をつけたいママの姿勢について体験をもとにご紹介します。

 

ママたちの「イライラ3大ポイント」は?

筆者が感じるイライラ3大ポイントはこちら。

(1)止まらないイタズラ

テイッシュを無限に出したり、わざとスプーンを投げたり、親の髪を引っ張ったりする。

(2)全然寝てくれない

抱っこしても、トントンしても、授乳しても全然寝ない!もうどうして良いのか分からない……

(3)イヤイヤ期

イヤイヤ期は特に、ママが言うことに対してまず第一声に「イヤ!」と言います。「こっちに行こう」と言うと「あっちに行く」と反対の方走って行って、とても危ないし、目的地に何時間たってもたどり着けない。

と、こんなことが毎日たくさん起こるので、怒っちゃいけないとは思いつつ、いつの間にか眉間にシワが寄るのが増えてきてしまいます。

特に現代は「ちょっと子ども見ておいて」と頼める人が身近にいないことが、原因の1つにあるのではないでしょうか。

誰かがいてくれたら、ママはその時にしないといけないことをたった数分でぱぱっと済ませることができるので、今みたいにイライラすることは少なくなるかもしれません。

かと言って、すぐに家族と同居したり、兄弟を増やすことは難しいので、結局はママが自分の力で何とか育児・家事、その他色々なことに責任を負い、頑張っていかないといけないわけですね。

LINEで送る