13時間以上も2人きり…「育児から逃げ出したい!」時に使えるサービス4つ

出典:https://www.shutterstock.com

「産後に手伝ってもらえる環境がない」

妊娠中からこのような不安を抱えたままだと、本当に辛いですよね。

しかも夫も育休がとれない、残業も多い状況だとママは丸1日育児を1人でしなければなりません。

出産で体が弱り、慣れない育児でイライラが溜まっている中、1日中わが子と2人きりというのは、心身共に負担が大きくなります。

今日は1児のママである筆者が、そんなママたちにおすすめしたい“産後ケアサービス”をご紹介します。

夫の残業は月に60時間以上が2割以上!

ママは朝起きてから寝るまでほぼ1人で育児をしているという方も多くいらっしゃいますよね。朝7時に起き、寝かしつけを20時にしたとしたら、約13時間もの間、ママは1人で育児をしていることになります。

株式会社サンケイリビング新聞社リビングくらしHOW研究所が、762人の会社に勤める配偶者がいる女性に行ったアンケートによると、夫の会社でプレミアムフライデーが実施されているのはなんと5.8%だけということが分かりました。

しかも、夫の残業が月に60時間以上だというご家庭は21.5%にものぼります。仮に17時半が定時で3時間残業すると20時半まで残業し、帰宅するのは21時半や22時というところでしょうか。

21時半や22時なんて、もう子どものお風呂にも入れて寝かしつけた後です。もしくは寝かしつけに苦戦してやっと寝てくれた! と思ったところに夫が帰宅、という感じで、1日の育児はママが全てこなしていることになります。

次項では、頼れる人が居ない時に利用したいサービスについてみていきましょう。

 

頼れる人がいない場合に利用したいサービス4選!

産後は、両親にも頼れず、夫の仕事も休めない、残業も当たり前というご家庭は、ぜひとも産後ケアサービスを利用してみてはいかがでしょう?

 

(1)マミーキャンプ

ホテルのような空間で、産後ママが体を休めて手作りの美味しいご飯を食べたり、母乳育児について学べたりする施設です。ハーブテントやエステなどで疲れたママの体を癒すこともできるそうです。

産後は社会から離れた孤独感を感じるママも多いですが、このような施設で滞在していると、そこで知り合ったママとも仲良くなって、その後の育児も楽しめそうですよね。

 

(2)産後ドゥーラ協会

『産後ドゥーラ』とは、産後間もない母親に寄り添い、子育てが軌道に乗るまでの期間、日常生活を支える専門家です。

自宅にて、ママが自身の体を回復できるように育児や家事をお手伝いしてくれます。しかも『産後ドゥーラ』は2017年からいくつかの自治体で助成金が出るようになってきました。

ご自身の住んでいる街のHPを1度確認してみてくださいね。

 

(3)ニチイ学研 産前産後サービス

介護や育児などの分野で有名なニチイの産前産後サービスもオススメ。

妊娠中の体調の優れない時期や、産後のママの回復時期に自宅にお手伝いに来てくれるサービス。

家事や赤ちゃんのオムツ替えの補助、お買い物もお願いできるようです。週1回でも誰かに何かを委ねることができると、気持ちが楽になりますよね。

 

(4)ベリーベアー

保育施設などを運営するNESS Corporationが『ベリーベア』という産前産後サポートを行っています。

産後の入院中の自宅の掃除などもお願いできるそうですよ。退院して帰宅したら、散らかり放題で早速イライラするママも多いので、パパが家事をできないご家庭にはおすすめです。

オプションでベビーマッサージなどもお願いできるようです。

 

いかがでしたか?

ママの体の回復は、その後の赤ちゃんの健康にも繋がってきますので、とても大切なことです。

誰にもサポートをお願いできずに不安を感じている場合は、ぜひ妊娠中から様々なサービスを調べて、必要なら登録も済ませておくと良いと思います。

 

【参考・画像】

「プレミアムフライデー」に ついて、会社に勤める配偶者がいる女性を対象に事後アンケート – 株式会社リビングくらしHOW研究所

MammyCamp – 医療法人白報会グループ運営 産後ケアセンター

産後ドゥーラ養成認定機関 – 一般社団法人 ドゥーラ協会

産前産後サービス – Nichii Life

産前産後サポート – NESS Corporation

※  Aspen Photo / Shutterstock

【関連記事】

※ ワンオペ育児ツラいは甘え!? 現代ママが「幸福を感じられない」ワケとは?

※ ワンオペ育児も限界!ママの負担を軽減するポイント3つ【3歳児神話#13】

※ 35歳以上で出産した約半数が子育てと親の介護の「ダブルケア」を経験

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

※ 「育児の本音」挫けそうになった時、落ち込んだ時…がんばれたキッカケは?[PR]

LINEで送る