【4歳~】夏休みの「ひらがなデビュー」に♪おすすめドリルはコレ!

出典:http://www.gakken.jp/youjiw/

『うんこ漢字ドリル』が発売1ヶ月半で100万部を突破するなど、最近は“ユニークな学習ドリル”が注目を集めていますよね。

4歳から6歳は、子どもが身近なものの名前を覚え、なぞなぞ・しりとりなど“ことばあそび”のルールも理解できるようになる時期です。

よりコミュニケーションが取れるよう、子どもが楽しみながら言葉を勉強できたら良いな~と考えるママも多いのでは?

そんなママにオススメのアイテムをご紹介します♪

 

学研の幼児ワークで簡単「ひらがなデビュー」!

まだ文字を覚えたての子どもにとって、“初めての学習”では苦手意識を持たずに進めたいものですよね。

そんな時には『学研の幼児ワーク ひらがなことば』がぴったりです!

なぜオススメなのか、楽みながら学べる3つのポイントをご紹介します。

 

(1)身近な単語で、楽しくひらがなをマスターできる

出典:http://www.gakken.jp/youjiw/

『学研の幼児ワーク ひらがなことば』では、従来のひらがなドリルのように「あ・い・う・え・お……」と文字単体を書くのではなく、“単語”を書く練習によってひらがなを習得していきます。

「“か”は、 かえるの“か”だね」など、子どもが関心を持てる身近な単語と一緒に学習することで、 ひらがなへの興味をのばしつつ、確実に定着させていきます。

知っている単語が書けるようになることは、 子どもの自信や「もっとひらがなを練習したい!」という、次の学習への意欲にもつながります。  

 

(2)本格的な学習で「表現力」が身につく

出典:http://www.gakken.jp/youjiw/

文字やものの名前の練習以外に、動詞や形容詞、「きらきら」などといった擬態語も学習できるのも魅力。

ほかにも、“大きい”と“小さい”といった対義語や、それらのことばを使って文をつくる練習もできます。

最初は難しく感じても、身近な単語と一緒に使い方を学習することで、物事をより具体的にわかりやすく表現する力がつくんです! 

 

(3)ことばあそびで「ことばっておもしろい!」を育める

出典:http://www.gakken.jp/youjiw/

しりとり・穴埋め問題・なぞなぞなど、様々なことばあそびを収録しています。

また、文字を書くだけでなく、 シールを使った問題など 最後まで飽きずに学習できる工夫がたくさん。

「ひらがなを書くのは楽しい!」「ことばっておもしろい!」といった、子どもの“言葉への興味”をぐんぐんのばしていきます。

語彙を増やし、楽しみながら文章力を育む『学研の幼児ワーク ひらがなことば』。

ひたすら文字を書くだけのドリルが苦手な子どもはもちろん、既にひらがなを学習している子どもの2冊目のワークにもオススメです。

 

応募者全員プレゼント!「がんばり賞」でヤル気アップ!

出典:http://www.gakken.jp/youjiw/

学研の幼児ワークシリーズは、今回発売の『学研の幼児ワーク ひらがなことば』を入れて、 44種類になりました。

こちらのシリーズでは、各誌裏表紙にある“応募マーク”を5冊集めて応募する「がんばり賞キャンペーン」を通年で実施しています。

応募者には、名前入りの賞状と、応募回数で変わる記念品をプレゼントされるので、さらに子どものやる気がアップしそうですね。

 

いかがでしたか?

長期旅行や帰省中、移動時間にも手軽にできちゃうドリルが便利。

この夏、ぜひ子どもと一緒に、楽しく“ひらがなデビュー”してみてくださいね!

【商品概要】
・商品名:学研の幼児ワーク
・定価:各660円+税
・発行所:(株)学研プラス 学研の幼児ワーク 

【参考】

学研出版サイト

【関連記事】

「ひらがな」を書かせる前にやっておくべき大切なこと4つ

難関校合格の芦田愛菜ちゃんは「本の虫」!? 子どもを本好きにする秘訣

「成長スピードが早い子」の家庭がしている3つの事は?

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

※ 「育児の本音」挫けそうになった時、落ち込んだ時…がんばれたキッカケは[PR]

LINEで送る