スマホ依存解消も!? 大人も子どももハマる話題の玩具「ハンドスピナー」って?

 出典:https://itmama.jp/

米国中で大流行した『ハンドスピナー』。一時は、Amazonの人気玩具ランキング10位中の全てを占めていたといいます。(*1)最近日本でも、見かけた方も多いのではないでしょうか。

筆者は6月~7月の中旬まで日本に一時帰国していたのですが、原宿や渋谷などの東京の街、名古屋や京都、そして長野の伝統的な宿場町の店先でさえ、見かけることがありました。

集中力が高まり、ストレス解消といった振れこみもあるハンドスピナー。

今日は、アメリカ在住の筆者が人気のその遊び方や注意点も交え、ハンドスピナーの魅力について紹介します!

長岡真意子

「ハンドスピナー」って何?

出典:https://itmama.jp/

ハンドスピナーとは、写真にあるような10cmにも満たないプレートの中心を指先で挟んで回すシンプルな玩具です。

2つか3つの羽があるものが主流ですが、他にも色々な形があります。光ったり、音がするものもあり、回り始めると、1分から10 分近く回り続けるものもあります。

値段は、300円から1,500円前後のものが多いですが、中には100,000円近くするものもあるといいます。

 

「ごそごそ動く」ことで「落ちつく」?

出典:https://itmama.jp/

ハンドスピナーは、英語で「フィジット(Fidget)スピナー」といいます。「フィジット」とは、「モゾモゾする」という意味。

髪を触ったり、貧乏ゆすりをしたり、鉛筆を回したり、ボールペンの先をカチカチ押したりと、何かに取り組みながらも、“モゾモゾする”ことってありますよね。

ハンドスピナーは、忙しい現代人のこうした“モゾモゾしたい欲求”を満たすために、オフィスツールとして売り出されました。2016年12月の『フォーブス』の記事では”2017年必須のオフィス玩具”として紹介されています。(*2)

また近年、ADHDなどの特性を持つ子どもや大人は、じっとするよりもモゾモゾする方が、集中力がより高まると示す研究もいくつか発表されています。(*3)

そのため“ADHDの子が落ち着くツール”とされている場合もあります。

とはいえ、今ではそうした特性に関係なく、米国中の子ども達の間で、爆発的な人気を得ています。

LINEで送る