ダイソーのインテリアBOXを活用!「後部座席のカオス状態」がスッキリ解決

出典:https://itmama.jp/

夏休みがはじまりいよいよお出かけシーズン到来です。

今回は、車の移動時間を快適に過ごせるために子どもたちも楽しみながら協力してくれる車内収納を2児の母であり、「思い出整理アドバイザー」の筆者が実際の経験とあわせてご紹介します!

後部座席がカオスに!収納のポイント3つ

子どもがいる後部座席で多く使われると言えば、テッシュペーパーやゴミ箱、そしてウエットティッシュなどがあげられます。またオムツの時期には、オムツとおしりふきも常時置いておきたいものの1つですね。

それをどのように、収納すれば快適に出し入れできるかがポイントです。

 

(1)取出しやすく戻しやすい場所を決める

使う人や場所に合わせて収納を決めることが基本です。ものの定位置が決まり、出し入れしやすくなることでそのまま放置してしまう状態がなくなります。

例えば運転席、助手席のイスの前にぶら下げるなど定番で活用している方も多いと思います。

 

(2)収納スペース(大きさ)から適量を決める

車中の収納スペースは限られています。そのためスペースに合わせて適量を決めることでゴチャゴチャした状態がなくなり必要な量を持ち込む習慣になるでしょう。

 

(3)「あったら便利」は注意!

筆者も、子どもが小さければそれだけ状況が読めないことがあるため想定して持ち物が多くなってしまうことがありました。その荷物の量も子どもの成長とともに必要なものが厳選されていき、減らすことができるようになります。

しかし、車だからといって「車だし、あったら便利かもしれないから念のため入れて行く?」なんてやり取りは経験ありませんか? その日のイベントで使う予定で持ち込むのはまだしも、入れっぱなしになる可能性があることをお忘れなく!

これが車中がカオスなる原因の1つです。”あったら便利はほぼ使わない”ことが多いのです。

また持ってきていることすら忘れていることも。この機会に、必要なモノ以外は出してしまいましょう。

 

次項では車内がキレイに片付くオススメ収納グッズを紹介していきます。

LINEで送る