夏限定の夜間開放イベントも!上野動物園内の「子ども動物園」がリニューアル

※画像はイメージです

出典:https://pixta.jp

2017年7月11日に、上野動物園内の『子ども動物園』がリニューアルされました!

夏休みは子どもを動物園に連れていきたいと考えている方に朗報ですね。

今回はそのリニューアル内容と、夏休み中のイベント情報をご紹介します。

 

現代の子どもたちに向けて「学び」の機能をより充実化

リニューアルした子ども動物園は『子ども動物園すてっぷ』という名称となりました。“すてっぷ”という言葉には「小さな子どもが初めて動物に出会う場、そして動物や自然について学びはじめる最初の一歩となる場」という意味込められているそうです。

子ども動物園がオープンしたのはなんと1948年。施設の老朽化などに伴い、園内の別の場所に建て替えています。

ちなみにリニューアルは今回で5回目。現代の子どもたちに向けて“学び”の機能をより充実させているところがポイントです。

かわいいカピパラの展示や牧場コーナーなどが常設されているほか、3歳までの子どもを対象とした「はじめてルーム」、不忍池の生き物を展示する「しのばずラボ」、そして小動物と直接触れ合える「わくわくベース」の3エリアがリニューアルの見どころとなっています。

 

リニューアル後の3つの見どころ

※画像はイメージです

出典:https://pixta.jp

上で触れた3つの見どころをご紹介します。

まず「はじめてルーム」ではネズミやインコなどの小動物の観察、飼育係ごっこや卵のプールなどで遊んだりできます。また絵本を展示しており、そこに登場する動物に園内で出会えるという仕掛けも。

次に「しのばずラボ」では、上野動物園と隣接する不忍池の生き物を展示しています。

こちらでは、不忍池に生息するメダカなどの生き物を観察できます。お子さんが不忍池の生き物に興味を持ったときは、池とラボを行き来して自然観察を楽しめるでしょう。

そして「わくわくベース」では、ウサギなどの小動物に直接触れることで、体の仕組みや命の大切さについて学べます。学校団体向けのプログラムも用意されているので、お子さんが遠足で経験することがあるかもしれませんね。

LINEで送る