0歳赤ちゃん連れでも安心!人混み回避ができる「花火大会」4つ

出典:https://www.shutterstock.com

夏といえば花火大会の季節ですが、“花火大会=人混み”というイメージが強く、子連れで行くのは躊躇してしまいますよね……。

けれど子どもに可愛い浴衣や甚平を着せて、一緒に夏の風物詩を楽しみたい! たまには夜に家族でお出掛けしたい! 夏を目前に控え、そう思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、この夏“子連れ花火大会デビュー”を狙う筆者の、オススメ花火大会をご紹介します。

絶対満足できる「ローカルの小さめ花火大会」オススメ2つ

(1)花火を見下ろす!? ファミリーに1番オススメ「熱海海上花火大会」

出典:https://www.shutterstock.com

熱海港では1年を通して定期的に開催される花火大会です。上の写真のように、会場となる港が山で囲まれているため、花火の音が反響してとどろきます。

海岸沿いは非常に混みますが、山の上からの観賞は人が少ないので子連れでも安心でき非常にオススメです!

また、周辺のホテルの部屋からも観賞できるので、赤ちゃんがいても楽しめます。遠目から眺めるならMOA美術館の駐車場からの鑑賞も良いですよ。

筆者の友達は、赤ちゃんが0歳の時でも快適に楽しめる花火大会だと話していましたよ!

●開催日時●

2017年7月23日(日)・28日(金)
2017年8月5日(土)・8日(火)・18日(金)・20日(日)・24日(木)
20:20~20:50

 

(2)習志野駐屯地 夏まつり

都心部や有名観光地の花火大会はどうしても混雑します。行き帰りの交通手段等を考えると、やっぱり無理かも……という方には、ローカルの小さめ花火大会がオススメです。

筆者の地元では、自衛隊の駐屯地で花火が上がるのですが、それほど混雑せず広々した芝生で夏の夜風が気持ち良いです。

ローカルの花火大会だと、子ども向けのイベントやアスレチック等が用意されていることも多いので、まずは近場の花火大会情報を調べてみても良いかも知れませんね。

●開催日時

2017年8月5日(土)・6日(日)

 

次項では、やっぱり夏なら大きな花火大会を満喫したい方に、子連れで楽しむためのコツとともに有名花火大会2つをご紹介します。

LINEで送る