夏バテ・冷房でむくみ気味の方へ!おススメしたい「旬食材7選」

出典:https://www.itmama.com/

暑い日が続き、ちょっと動いただけでも“疲れ”を感じる。さらに子どもと外で遊んで“体力不足”を感じる。疲れから子どもから病気を移ってしまったりと免疫低下や体の不調を感じる、そんそんなママも多いのではないかと思います。

これからさらに夏が本格化します。旬の野菜は“世界で一番体に優しいお薬”です。

そこで今回は体調を崩せないと思っている働くママ必見。

セラピストである筆者が『からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)』『旬の野菜の栄養事典 最新版』をもとにこれからの時期、食べると元気になる“旬の夏野菜”をご紹介します。

食べると元気になる“夏の旬食材”7選

(1)三毒を断つ「梅」

出典:https://www.itmama.com/

食べ物毒、血液の毒、水毒を断つといわれている梅。疲れた時はすっぱいものを食べると良いと昔から言われる代表食材の梅は“クエン酸”を多く含み、疲労物質を蓄積させず、身体を回復させ美肌を作ります。

筆者はこの時期お弁当に必ず梅干しを入れ食中毒を防ぎます。

また紫蘇も夏の疲労の強い味方。血行促進だけでなく、ビタミンA、が多く含まれウイルスの感染を予防したり細胞の老化を抑制します。筆者は梅ジュースや紫蘇ジュースを作り置きし旬を楽しみます。

 

(2)体力回復には「ピーマン」

なかなか知られていませんが、唐辛子の仲間です。

栄養価が抜群で特にビタミンCを多く含んでおり抗酸化作用が期待でき、老化防止やシミのもとである“メラニン色素”の合成を抑えるといった美容効果、また免疫力を強化する効果も期待できると言われています。

ウイルスに負けない身体を作ります。βカロテンはビタミンAとして免疫促進をさせ感染症の予防になるだけでなくビタミンC、Eも多く含んでおり体力回復に適しています。

少し時間が経ち緑からうっすら赤くなった頃が完熟のしるし。甘みも増し、ビタミンCが2倍カロテンも3倍になり栄養価もぐっとあがるそうですよ。

LINEで送る