4歳~文字を書こう!「子どもの名前」で練習させる時の注意点と落とし穴

出典:https://www.shutterstock.com/

子どもに字を書けるようにするために、多くの人が“自分の名前”から書かせ、字を書く嬉しさを実感させてあげることでしょう。

名前を書くことが悪いということはありません。

ただし、後から「もっとちゃんと書けないの?」と悩むのならば、少し練習のさせ方を考える必要があります。

そこで今日は小学校教諭の資格を持ち、塾講師をしている筆者が、子どもに丁寧な字をかかせるコツをお伝えします。

鉛筆の持ち方、字の書き方は「最初」が肝心

最近子どもを見ていると、年中さんから自分の名前をかける子が増えてきました。

一方で、鉛筆の持ち方が正しくなかったり、クセのある字を書いたりする子も多いなと感じています。

そして小学3年生くらいになると「字が汚いんです……」「鉛筆の持ち方、なんとか直りませんか?」と相談にくるお母さんも多いんです。

もちろん、お察しの通り、小学校で“毎日書いている字”や“毎日握っている持ち方”を後から変えることはとても難しいことです。

鉛筆の持ち方や文字の書き方は最初が肝心!

結局、“いつも書いている方法”が一番書きやすく、変えたくないと思うのですから。

 

「名前で練習」もいいけれど、落とし穴も!

文字を書き始める最初のステップとして、子どもに「自分の名前を書いてみよう!」という方が多いと思います。

字を書く経験を増やすという意味で、自分の名前なら前向きに、興味をもって取り組むことができるという意味で、名前で文字を練習することには大賛成です。

しかし、「名前だとつい書けただけで褒めてしまう」という場合は要注意。

間違った字やクセのある字を書いて「すごいね!」「よく書けたね〜!」と認められてしまうと、その字が良いと思い、抜け出せなくなってしまいます。

名前を書かせておいて、せっかく頑張ったのに褒めてあげられないのは……と思うのであれば、名前は字を上手に書けるようになってから、にしても良いでしょう。

 

読める字ではなく「丁寧な字」を練習させるコツ

本当に丁寧に字を書ける子になって欲しいのならば、バランスの悪い字で褒めてはNGです。

「もう少しここは長いよ」「ここははらうのよ」と見本を書き、なぞらせてあげましょう。

せっかく書いた字を認めてもらえないことでやる気を失ってしまうのならば、「まだ上手に書けなくて大丈夫よ」と図や絵を描くことをたくさん経験させ、手指を自在に動かせるようになるまで待ちます。

「上手に丸が書けるようになったね〜!」と、思い通りに手を動かすことができたときにたっぷり認めてあげてください。

 

“字は心を映す”といいます。

読む人の気持ちを考えて、読んで気持ちがいい字を心がけるには、丁寧に書いて喜んでもらう経験が必要です。

安易になんでもかんでも褒めるのではなく、子どもが本当に頑張って、それがママの心を打ったときに、しっかりと認めてあげてくださいね。

 

【画像】

※ Eiko Tsuchiya / Shutterstock

【関連記事】

※ 専門家はコレを買う!「3才以下の子ども」にイチ押し絵本8選

※ 直した方がイイの!? 「左利き」だと社会で不便に感じる7つのこと

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#16 「子育てだけが生きがいの人生」はよくないのでしょうか?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

※ 【まだ悩んでるの?】毎日のおむつ替えや寝かしつけがグッと楽になる方法とは[PR]

LINEで送る