現役カメラマンが伝授!雨の日に「フォトジェニックな写真を撮る」3つの技

出典:https://itmama.jp/

小さいお子さんがいるママは雨の日のお出かけが大変ですよね。

レインコートや傘、タオル等、いつもより荷物も増えるので

カメラを持ち歩かない方が多いと思いますが、

雨の日にしか撮れない写真もあるので、筆者は雨の日の息子とのお散歩が大好きです。

今回の梅雨のときの写真の撮り方をお伝えします。

 

雨の時と晴れの時、どっちが写真を撮りやすい?

晴れの日は日差しが強く、日なたで撮影をするとお顔に影ができたりしますが、雨の日は曇っていて日差しも出ていないのでお顔に均等に自然光があたり柔らかい雰囲気で撮影ができます。

そのため、意外に思うかもしれませんが雨の日の方が比較的写真を撮りやすいかもしれません。

 

梅雨のときの撮り方のコツ3つ

(1)ビニール傘を活用して

カメラは雨に濡れると壊れる可能性があるので、筆者はカメラ用のレインカバーをしたりタオルで包んだり傘を差しながら撮影をします。

この時の傘は自然光を通す透明のビニール傘がおすすめです。

 

(2)カメラの設定を明るくする

晴れの日に比べて雨の日は空が薄暗いのでカメラの設定も明るくして撮ります。

撮影後にスマホのアプリやパソコンのソフトで明るめに調整してもいいですね。

 

(3)雨の日ならではの光景を入れて

アジサイと一緒に撮ったり、水たまりでバシャバシャ遊んでいるところや可愛い長靴の足元を撮ったり

お気に入りの傘を嬉しそうに差している表情etc。

雨の日ならではの光景を写真におさめましょう。

筆者のおすすめは雨上がりに水たまりに映り込む子どもの姿です。

 

フォトジェニックな写真を撮るポイント

デジタルカメラやミラーレス、一眼レフカメラをお持ちの方で、動いているものや人の動きを止めたり、逆に動きを表現するためにわざとブラして撮ることができるシャッタースピード(S、Tvと表示されています。)という機能を使うとこのような躍動感がでる写真を撮ることができます!

出典:https://itmama.jp/

 

出典:https://itmama.jp/

 

いかがでしたか?

雨の日のお散歩もカメラを持って出かけることでいつもより違う景色が見えて楽しくなりそうですよね。ぜひ雨の日もカメラを持ってお出かけしましょう!

 

【関連記事】

水着・浮き輪・甚平!ママが薦める「夏のフォトジェニック子供用品」7選

※ 超~カワイイ!もらったら絶対嬉しい「フォトジェニック」お中元7選

※ 超簡単!幸せそうな「ママ友に嫉妬」しなくなる脳のつくり方

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

※ 【まだ悩んでるの?】毎日のおむつ替えや寝かしつけがグッと楽になる方法とは[PR]

【著者略歴】

maki・・・カメラ歴14年。2013年1月に男の子を出産。 育児や家事を頑張るママの息抜きになるようなフォトイベントを東京・神奈川・埼玉・京都・愛媛・福岡で開催中。空気感あるやわらかくナチュラルな撮影が得意です。ご家族の楽しい時間や愛情がカタチに残るように心を込めてお撮りしています。

LINEで送る