3歳なのに人やモノに当たる子、“おふざけ”それとも…「心の叫び」?

出典:https://www.shutterstock.com/

3歳くらいになると、スキンシップにも大きな力を込めるようになります。思いっきり噛んだり、ブロックを投げつけてきたり……。

「お友達にこんなことをしたら、大変!」

「今のうちからこんなに乱暴だなんて、将来が心配……!」

と不安になってしまうこともあるのではないでしょうか。

イヤイヤ反抗期とも言えるこの時期の“力に任せた行動”には、理由があってどうしてもやめられない場合があります。

おふざけなのか、その子の心の叫びなのかの見極め方法について、塾講師で心理カウンセラーの資格をもつ筆者がお伝えします。

力に任せてママに、人に、モノに当たる理由

出典:https://www.shutterstock.com/

3歳くらいの子どもは、まだ言葉を自在に操ることができません。そのため、「伝えたいけれど、何と言ったらいいかわからない!」と感じる場面がたくさんあるかと思います。

そんな思いをなんとか伝えようとして、気づいてもらいたくてついついモノを使ってしまったり、力任せになったりしてしまうのです。

ママが怒っているのを笑いながら眺め、多少の手加減をしながらふざけ半分にやっているときとは違う雰囲気を感じたら、「どうしても伝えられないもどかしさによるものでは?」と考える機会をつくりましょう。

LINEで送る