「環境が違うし…」で諦めないで!独身友達とも仲良くいられるコツ4つ

出典:https://www.shutterstock.com

結婚し、子どもが生まれて環境が変わると、独身友達との距離を感じてしまうことありませんか?

会っても昔みたいに会話が盛り上がらなかったり、そもそもなかなか会えなくなってしまうこともありますよね。

そこで今回は、独身友達と疎遠にならないための対処法をご紹介します。

これを踏まえて、大事な友達と距離ができないよう心がけましょう。

 

生活時間が合わなくなる→自宅に招待しよう

仕事をしている友達と会う場合、必然的に仕事終わりの夜か、土日になります。

でも、ママになると夜に出歩くことは難しいですよね。家族や子どもに夜ご飯を作って、お風呂に入れて、さらに寝かしつけがあってで、ママの夜はノンストップで稼働しています。

かといって、土日にこれらがお休みになるわけでもないので、なかなか会う時間を作りづらいのが疎遠になる原因です。そんなときは、自分の家に招待しましょう。

子どもがいても、おもちゃもテレビもあるし、話に集中しやくなります。

友だちも普段出かけない場所に出かけて、久々にあなたと話せればいいリフレッシュになるはずですよ。

 

共通の話題がなくなる→相手の話を聞いてみよう

久々に会っても、昔ほど話に花が咲かないなんてことはありませんか?

友達の仕事の話もピンとこないし、自分の子育ての話をしてもわかってもらえないことも。

こんなことが続けば、疎遠になるのも無理はありません。

その際には、自分の話をするよりも相手の話を聞きましょう。たとえば最近ハマっているものや、好きなこと、恋愛事情などなど。

あなたも興味の持ちやすい身近なことが好ましいですね。

自分の環境だけでは得難い情報が手に入ったり、独身時代を思い出すようなトキメキを感じたりできるかもしれせんよ。

 

ママ友と会う方がラク→お互いの会話に気遣いを

出典:https://www.shutterstock.com

理解あるママ友の方が気を使わず、話しやすいと思うことはありませんか? 同じママだと子育てや旦那の愚痴、姑問題など、タイムリーに話したいことも共感してもらえることも多いですよね。

ラクに話せる友達が多いと、あれこれ説明を考えたりするのが面倒になって、ついつい独身友達とは疎遠になってしまうことも。

しかし、お互いに大事なことですが、少しの気遣いで簡単にクリアできることも多いです。

例えば、子どものことで友達の話を遮ってしまったり、話題が自分中心になってしまった場合、「途中でごめんね」と断りを入れたり、「自分の話ばかりになっちゃたね」などフォローを入れましょう。

そういった相手を気遣う一言があれば、相手も快くあなたとの時間を過ごしてくれるはずです。

 

環境の違いにモヤっとする→そんな時こそ連絡を取ろう

ふとSNSを見ていると、独身友達との環境の違いを改めて実感し、嫉妬とまではいかなくとも、モヤっとした気持ちになってしまうことがありますよね。

家族と出かけたり、ママ友とランチをしているあなたと、楽しそうな夜の飲み会や、パーティー、旅行をしている独身友達。そんな姿を眺めるうちに、ママの側から「きっと忙しいだろうな……」と連絡を避けてしまっていませんか?

そんな距離を感じたときこそ、連絡を取ってみるべきです。

「最近忙しそうだけど、元気にしているの?」「旅行羨ましい。どうだったー?」などなど。

忙しい友達も、気にかけてもらったり、心配してもらえると嬉しいはず。

気軽に連絡を取っていれば、またあなたに会いたいと思ってくれるでしょう。

 

いかがでしたか?今回は独身友達と疎遠になる理由を4つご紹介しました。

「最近、会ってないな」という友達がいる方、このままでは疎遠になる一方です。ぜひ、この4つのポイントを心に留めて友達との距離を縮めましょう。

【画像】

※ Iakov Filimonov、pixelheadphoto digitalskillet / Shutterstock

【関連記事】

※ 実は夫がモテている!? 職場女子が「既婚男性」にキュンとなるポイント4つ

※ 【家庭内格差 妻 VS 夫】妻の言い分→「育児がんばってるから当然」!?

※ 産後間もないのに夫があやしい…ケータイ見る or 見ない?

※ これ常識!人間関係別「ママが話してはいけない」4つのNGトピック

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 毎日憂鬱…決まらないヘアスタイルの悩みはお風呂で解決 [PR]

※ 【まだ悩んでるの?】毎日のおむつ替えや寝かしつけがグッと楽になる方法とは[PR]

LINEで送る