【妻が妊娠・出産】どうして夫婦喧嘩が増えちゃうの?

出典:https://www.shutterstock.com

愛する奥さんが妊娠・出産。「幸せの絶頂期」とも思えるこの時期に、“なぜか”夫婦喧嘩が増えた……という方も多いのでは?

今までは仲良し夫婦だったというふたりの間にも、突然そのときは訪れます。

これには妊娠・出産による女性の体の変化が関係しているように思います。

知っておくと夫婦仲が円滑になる、夫婦喧嘩が起こりやすい注意すべき時期や、その理由をママである筆者がこれまでの経験を元にお伝えしたいと思います。

 

夫婦喧嘩が増える時期(1)妊娠期

出典:https://www.shutterstock.com

夫婦喧嘩が増える時期として注意が必要なのは“妊娠期”。

待望の赤ちゃんをお腹に授かり幸せなはずなのに、なぜ?という疑問を抱く人もいることと思いますが、妊娠期に夫婦喧嘩が起こる原因として以下が挙げられます。

・「家でゴロゴロできていいな~」「少し太ったね」といった旦那さんや周りの人の妊婦に対する何気ない一言

・悪阻による体調不良

・初めての妊娠や出産に対する不安 

etc.

妊娠中の女性はとにかくナーバス。いくら穏やかな奥さんでも、“突然”豹変することもありますよ。

筆者は妊娠したことで、無事に出産できるか、少し体をぶつけただけでもお腹の赤ちゃんは大丈夫か心配になっていました。小さなことでも不安になるのが、妊婦さんなのです。

 

夫婦喧嘩が増える時期(2)産後

産後の女性は再び体が変化する時期に入ると同時に育児がスタート。体力・精神力共に消費する時期です。

もしかすると産後の方がピリピリしている女性が多いかもしれませんね。

そこで、夫婦喧嘩を引き起こしかねない、さらには悪化させてしまう言ってはいけない&やってはいけないNG行動を次にご紹介します。

 

妻に絶対言ってはいけない&やってはいけないNG行動4つ

出典:https://www.shutterstock.com

(1)「赤ちゃん泣いているよ」

(2)「里帰りしたのだから、十分休めたでしょ」

(3)「ご飯まだ?」

(4)奥さんの気持ちを気にせず、夜の夫婦生活を再開させようとする 

出産という大仕事を終えた産後はそう簡単に妊娠前の心と体には戻れないのです。それを踏まえ、相手を気遣った振る舞いができるといいですよね。

 

夫婦喧嘩が起こる理由は産後の体が原因?

妊娠期や産後に夫婦喧嘩が増えるのは妊娠した女性の心や体が変化するからかもしれません。

妊娠期の女性の体は、赤ちゃんをお腹の中で育てるために、めまぐるしいスピードでその環境を整えます。

悪阻の症状もその一つ。こうした症状によるホルモンバランスの変化で、女性の心身は不安定になりがち。

旦那さんの一言でイラっとしたり、普段は気にならない些細なことが癇に障ったりなど、夫婦喧嘩に繋がりやすい状況にあります。

いわゆる妊娠・出産により心の浮き沈みが激しくなる“マタニティブルー”というものです。

自分の意思でこうなりたいわけではないということを旦那さんに伝えるだけで夫婦喧嘩が減ると思いますので、妊娠期こそ素直になってみてくださいね。

 

【画像】

※  Creativa Images、 Syda Productions / Shutterstock

【関連記事】

夫の浮気を心配せず「安心して里帰り出産する」ためにしておきたい予防対策5つ

※ ママ友の育児投稿が苦痛…「育児ノイローゼ」を乗り切るのは夫次第?

※ えッ…「男性にも更年期」が!? 加齢だと思ってた夫のアノ症状が実はサインかも…?

※ 金田朋子はカレーを完食!? 陣痛時に「食事がもたらすパワー」とは?

※ 毎日憂鬱…決まらないヘアスタイルの悩みはお風呂で解決 [PR]

※ 【まだ悩んでるの?】毎日のおむつ替えや寝かしつけがグッと楽になる方法とは[PR]

LINEで送る