【独身女友達とのランチ問題】子どもに邪魔されないための秘策4つ

出典:https://www.shutterstock.com

小さい子どもを連れてのランチって本当に大変ですよね。同じママ友同士ならまだわかってもらえることが多いけど、独身女友達だとそうもいきません。

子どものことを見ながら、友達の話も真剣に聞くなんて至難の技。子どもが何かこぼしたり、飽きてしまってグズりだしたり。その度に、ママは友達の話を中断させてしまい、終いには何を話していたのかわからなくなってしまうことも。

そこで今回は、独身女友達とのランチを楽しく過ごすための、役に立つアイテムをご紹介します。

1:食べるのに時間がかかるお菓子

やはり子どもにはこの手が一番。お菓子を食べている間は、子どもは大人しくなり、静かになります。すぐ食べ終わってしまうスナックや、おせんべいよりも、長持ちするお菓子を選びましょう。

例えば、一粒一粒つまんで食べるラムネや、レーズン。キャラクターを見たり、粒を数えたりと食べる以外の楽しみ方があります。

その他には、干し芋やするめもオススメです。しっかりと噛まなくてはいけないので、その分子どもは集中して食べます。一番使えるアイテムこそ、賢く選び有効に使いましょう。

 

2:フロク付き雑誌

出典:https://www.shutterstock.com

月に1回くらいのペースで販売される知育の雑誌です。月齢に合わせて選べるので、子どもが好きなキャラクターが出てきて、興味を持つこと間違いなし。内容は、シールや、ちょっとしたオモチャ、短いお話が載っていたりと盛りだくさんです。

眺めているだけでも楽しいし、フロクに対応できるようなら作らせてみてもいいでしょう。ランチをするためだけに、雑誌を買うのはもったいないという方もいると思います。

ですが、フロクはおうちに帰っても遊べるし、その次のお出かけにも使えるので1度試してみてください。

 

3:仕掛け絵本

仕掛け絵本は、絵が飛び出してきたり、めくったり、引っ張ったり、手で触って楽しむようなしくみで子どもを引きつけます。ページをめくるたびに楽しみがあり、一度だけでなく何度も見返したくなるようです。

今は、絵本の上でミニカーを走らせることができたり、絵が動いたりするものもあります。もともと絵本に興味がない子でも、きっと釘付けになるはずです。子どもに合った仕掛け絵本を見つけましょう。絵本はおもちゃやお菓子より、かさばらず持ち運びやすいのも魅力です。

 

4:スマホ動画

今はありとあらゆる子ども向けの動画やアプリであふれています。自分の子どもが好きな種類のものが必ずあります。動物や電車、アニメなど。英語の歌や、童話、知育系のものもいいでしょう。

スマホを見せるのは、目が悪くなることが心配だったり、周りの目が気になる人もいると思います。その場合、見る時間を決めてダラダラと見せないことが大切です。

「10分観たら休憩ね」と切り上げるタイミングを作りましょう。動画を見た後は、また違う遊びをさせたり、少し子どもの相手をするなどバランスを取って使うことがポイントです。

 

今回はママが独身女友達とのランチを楽しむためのアイテムをご紹介しました。

環境が変わって距離ができてしまいがちの独身女友達。このアイテムを使って、友達との会話に花を咲かせ、一緒にランチを楽しみましょう。できてしまった距離も縮めることができるはずですよ。

 

【画像】

※ Diana Indiana、Ramona Heim / Shutterstock

【関連記事】

※ それしつけじゃないです!「お行儀の悪い子に育つ家庭」にありがちなNG習慣3つ

※ この時だけは真剣に!「必ず叱るべき子どもの行動」10パターン

※ うちの子だけ何か違う…?「1歳半検診」で気付いた成長の違和感

※ 子どもが将来「人に優しくて思いやりがある子」になる親の口癖

※ 絶対にやめて!新米ママがやりがちな「NG公園デビュー」TOP3 [PR]

※ 毎日憂鬱…決まらないヘアスタイルの悩みはお風呂で解決 [PR]

LINEで送る