絶対起きられる!ママならではの早起き必勝法4つ

出典:https://www.shutterstock.com

土日・祝日もない忙しいママの生活、どうしても朝起きられないなんてことはありません

か?

今回は、朝寝坊の誘惑に勝ってきちんと起きられる4つのテクニックをご紹介します。

 

夜10時までに寝る

ママは日中時間がないので、子供が寝静まった夜にマイタイムを楽しむことになります。

メールを返したり、録画したドラマを観たり、ネットショッピングをしたり……。そしてあっという間に時間が過ぎて、夜更かしがちになり朝起きれらなくなってしまいます。

こうした生活習慣を「明日の自分のため」と思って、すっぱり止めてみてはいかがでしょうか。また、マイタイムの設定を夜ではなく朝、子供が起きる1時間前に起きて確保するのもおすすめです。

 

朝食の食材にこだわる

出典:https://www.shutterstock.com

「お腹は空いているけど、もう少し寝たい~」という朝。

そんな時はベッドの中で、前日にこしらえたこだわりの朝食を思い出してみてください。

美味しいパン屋さんの食パンをトーストにして、バターをたっぷりつけて、カリッサクッとした食感を味わうところや、炊き立てのご飯の上に肉厚の明太子をのせて頬張るところを。

きっと睡魔など吹き飛んでキッチンに直行してしまうはず!

 

子供の泣き声入りアラームを作成する

夜、眠くても赤ちゃんの声で起き、授乳をしていたママ。

子供が少し大きくなった人でも、夜間、寝言や寝返りに反応してしまうことは少なくないと思います。

そんな時は「目覚まし 録音」といったワードで検索すると、自分で録音した音声でアラーム音が作れるスマホアプリがあるので、それで子供の泣き声を録音して設定しましょう。

次の日から(いい目覚めかは保障できませんが)思わず飛び起きてしまうのでは?

 

姑からモーニングコールしてもらう

姑さんとの関係性や、性格にもよると思いますが、「明日は絶対に寝坊できない!」という、ここぞという時の方法です。

「何時までに連絡がなかったらモーニングコールをお願いします」と伝えておきましょう。きっと目覚ましが鳴る前にヒヤヒヤして起きられるのではないでしょうか。

理解ある優しい姑さんなら引き受けてくれるはずです。チャレンジしてみましょう。

【画像】

※ Dragon Images、TravnikovStudio / Shutterstock

【関連記事】

※ イメージが違う!? 名づけ時に知っておきたい「意外な意味の漢字」4つ

※ 【夏の露出に向けて!】キク~ゥ!「脚にグッとくる」ヨガポーズ3つ

※ えッ…「男性にも更年期」が!? 加齢だと思ってた夫のアノ症状が実はサインかも…?

※ 金田朋子はカレーを完食!? 陣痛時に「食事がもたらすパワー」とは?

※ 絶対にやめて!新米ママがやりがちな「NG公園デビュー」TOP3 [PR]

※ 毎日憂鬱…決まらないヘアスタイルの悩みはお風呂で解決 [PR]

LINEで送る