【バス停のママ友問題】幼稚園バスのバス停にいる「キャラの濃いママ」たち

出典:https://www.shutterstock.com

この春から、お子さんが幼稚園や保育園、小学校などの新しい環境で生活がスタートしたというママたちは、3ヵ月が経ち、ようやくその生活のリズムがつかめてきた頃ではないでしょうか。

筆者も、春から娘が幼稚園デビューを果たしましたが、ようやくペースができてきたところです。

そこで今日は筆者が入園前には予想していなかったことについてお話しします。

先輩ママから聞いた「バス通園のママ友問題」

筆者の娘は、幼稚園までは園バスで通っています。

実は、この“バス通園”は、幼稚園生活がスタートする前の一番の悩みでした。

というのも、「バス停のママ友問題」について、先輩ママからネガティブな情報ばかりを聞かされていたからなんです。

仲間外れ、ママカースト……、バス停で一度嫌われたら最後だよ……

そんな前情報のおかげで、最初の1ヵ月は毎日、朝とお迎え時間は緊張しっぱなし。

愛想良く、しかし、嫌われすぎないように……と気をつかいました。

「付かず離れずが一番」

先輩ママからのアドバイスを意識して過ごしてきた3ヵ月。実際に筆者がバス停で出会った強烈キャラのママや違うバス停で話題になっているママをご紹介します。

 

こんな強烈ママがいた!

出典:https://www.shutterstock.com

(1)とにかく質問ばかり!知りたがりママ

同じバス停を使っているということは、みんな近所なのですが、必要がなければ詳しい家の場所って伝えたくないものですよね。

ところが、「お家はどこ?」と2日に1回は聞いてくるママ……。「あの角の向こうです」なんて適当に答えていても、正確な場所を答えるまで聞いてくるんです。

「パパのお仕事なに?」「幼稚園に行ってる間、何してるの?」

イヤな人なわけではないんですが、知りたがりな人っていますよね。

 

(2)今からお出かけ?朝からばっちりメイクママ

驚きというより尊敬を感じるママさんです。お弁当を作って、バスの時間までに送り届けることでいっぱいいっぱいな筆者。

メイクができる日もあれば、ほぼすっぴん、マスクで誤魔化す……なんて日もあるのに、みなさん朝から完璧なメイク、ファッションで送りに来るんです。

自転車でも、ふんわり膝丈スカートにパンプスを履いていたりして、部屋着同然の恰好で送迎している身としては「自分の身だしなみにも気を配れる余裕はすごい!」と尊敬してしまいます。

 

(3)お迎えも忘れちゃった!忘れものが多いママ

幼稚園に通うようになって驚いたのが、毎日持ち帰って来るプリントの多さ。「明日は○○を持たせてください」とか、大切なお知らせがさらっと書いてあったりして、うっかり見逃してしまうことがあるんですが、とにかく毎回何かを忘れるママがいます。

「えっ?なんですか、それ!」「あぁぁ~忘れちゃいました~」毎朝、こんな感じで大騒ぎ。バス停のママたちも「また~!(笑)」なんて笑っていたのですが、先日、午前保育だった日に、なんとそのママさん、お子さんのお迎えを忘れたんです。

「えっ?今日午前保育なの?」と慌てて幼稚園にお子さんを迎えに行っていました。

 

時間の経過とともに、いろいろな会話をするようになったバス停のママたち。

最近では、LINEの交換をしたりして、事前に聞いていたようなネガティブな要素はなくて安心しています。

幼稚園に入ったことで、また新しい交流が増えて楽しいと感じることの方が多いですね。

ネガティブな情報に左右されるより、ポジティブに交流を深めたほうがママも楽しい幼稚園生活になるのではないかと思う今日この頃です。

みなさんのまわりには、どんな強烈キャラママがいますか?

 

【画像】

※ Rob Hainer、 coka / Shutterstock

【関連記事】

※ KYなママ友、もしかして…?「アスペルガー症候群」の言動8つ

※ ママ友が「W不倫」してる…私は介入したほうが良いの?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 絶対にやめて!新米ママがやりがちな「NG公園デビュー」TOP3 [PR]

※ 毎日憂鬱…決まらないヘアスタイルの悩みはお風呂で解決 [PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

※ ツライ背中や肩…はじめての産後ヨガに三角のポーズ【NattyYoga】

LINEで送る