男の子の行動って少し変?不安なママが「ついやりがちなNG行動」4つ

出典:https://www.shutterstock.com/

うちの子は人より行動が遅い、ぼーっとしていて何を考えているかわからないと、不安に思っているママは多いのでは?

特に男の子はママからすると異性でもあり、“何を考えているかわからない”という悩みを聞いたこともあります。

筆者の子どもは男の子で、保育園の時は運動会の演技で全く動かないというような子でしたが、今では立派な中学生になっています。

そこで今回は、不安に感じるママが“ついやりがちなNG行動4つ”と、その解決法を筆者の男の子育児の経験を交えながらご紹介していきます。

早くしなさい!と急かす

ぼーっとしがちな子は、自分の答えを出すのに時間がかかります。

ついつい「早くしなさい!」と遅いことにイラッとしてしまいがちですが、そこは子どものスピードに合わせてあげましょう。

“早くしなさい”と言われても、子どもは思い通りにはできないものです。

保育園に行きたいときなど、急がないといけないときはグズったりぼーっとする時間を想定したりして、早めに準備しておきましょう。

また、急ぐ必要があることは先に「ママ、とても急いでいるから〇〇君が手伝ってくれると嬉しいな」と伝えておくのもいいかもしれません。

子どもにも早くやろうという気持ちはあるので、いずれ変わってくるはずですよ。

 

どうしたいの?と問い詰める

答えを出すのが遅いときは考えるのが遅いのではなく、そもそも何を答えたらよいかわからないときがあります。

子どもに「どうするの?」と聞いても答えがなかなか返ってこないときは、選択肢を出して考えるヒントを与えましょう。

「どっちがいい?」と選べるようにすると答えやすくなりますし、次からまずその2つのどちらかを答えられるようになります。

慣れてくれば、子どもに選択肢を増やしたり、自分で考える時間をあげるといいですね。

 

動きが遅い、と大人が焦ってしまう

出典:https://www.shutterstock.com/

自分の子がぼーっとしてたり、動きが遅いと心配になってしまいますが、あまり心配しているとその気持ちも子どもに伝わります。

それよりもこの子はゆっくり慎重な子なんだと思えば、ママ自身も焦りや心配が少しは減ると思います。

そうやって子どものことを前向きに見ることで、より笑顔で接することができますよね。

 

子どもの世界が理解できない、と不安になる

男の子は特にぼーっとしたり、いきなり石ころを集めたり、ずっと虫を見ていたり、かなり不思議な行動をします。

筆者の子もよく「だーん、どーん」と謎の言葉を発していましたが、何回も聞いていると、頭の中で戦いごっこをしているんだなとわかりました。

そんなことをやるのも子どものうち。普通に大きくなれば、よくわからないこともなくなります。

ただ、子どもはそういう経験からいろんなことを学んでいくので、子どもの世界を大事にしていて見守ってあげるといいですね。

 

いかがでしたか?

筆者も子どもが運動会で動かなくてとても心配でしたが、小学生になって少しずつ踊れるようになり、いつのまにか周りの子たちと変わらずやれるようになりました。

あまりイライラせず、焦らず、子どもと向き合っていくことが大事だと思いますよ。

 

【画像】

※ EvgeniiAnd、NadyaEugene / shutterstock

【関連記事】

※ たった3つ!男の子を将来「キレない子」に育てるために大切なことって?

※ この時だけは真剣に!「必ず叱るべき子どもの行動」10パターン

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 絶対にやめて!新米ママがやりがちな「NG公園デビュー」TOP3 [PR]

※ 毎日憂鬱…決まらないヘアスタイルの悩みはお風呂で解決 [PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

※ ツライ背中や肩…はじめての産後ヨガに三角のポーズ【NattyYoga】

【著者略歴】

※ 三尾 幸司・・・1979年生まれ。3児のパパ。某IT企業で営業をしながら、ワークライフバランスを実現し、たまに組織改革やダイバーシティ、女性活用などの推進に取り組み。また、NPO法人コヂカラ・ニッポンのメンバーとして、コヂカラMBAプロジェクトを進めており、子ども向けのキャリア教育やビジネスワークショップを実施。大手企業の社員の子どもや沖縄の高校生など、幅広く講演やワークショップを実施。プライベートでは小中一貫校のPTA会長(4年目)として活動中。今までに1,000冊以上読んだ育児書やビジネス書のノウハウを元に、Blogや雑誌に子育てや教育に関する記事を寄稿し、子育てに関わる人の支援やアドバイス、将来の日本を支える子どもの教育や育成に力を入れている。AERA、Bonjureaha、サカイクなど寄稿多数。3人の子育てに毎日楽しくバタバタしてます。厚生労働省の「イクボスアワード2016 特別奨励賞」を受賞。

LINEで送る