「TV裏のぐちゃぐちゃ配線」がダイソーの発砲ブロックですっきり収納!

photo by author

筆者の家で最もゴチャゴチャして見えるところ。そして埃が溜まりやすい場所……それはズバリ、テレビ裏の配線周り。

来客があっても見られる場所ではないし、自分で見ることも少ないのでつい放っておきがちです。見て見ぬフリ……でも家を整理し出すとやはり気になるところなのではないでしょうか。

かといって見えない場所なのに数千円する専用グッズを購入するのも気がひけますよね。

そんな方に、今回はダイソーの100円均一グッズを使って、テレビ裏の配線をすっきり隠すアイデアをお伝えします。

 

ダイソーの発砲ブロックですっきり隠す

今回ご紹介するのは、こちらのダイソーの発砲ブロックです。(注:こちらは200円商品です)

photo by author

個人的には黒色が好きなのですが、埃が目立ちにくいというズボラな理由でグレー色を選択しました。

黒色がお好みであれば、Seria(少し小さめです)やホームセンターに行くとありますよ。

 

ステップ1:配線や置くモノに応じてプチDIYする

発砲ブロックは穴が3つ空いてます。ここに配線を通して下から配線を出しますが、きれいに置くために配線が出る部分をカッターで切ってプチDIYします。

photo by author

また、筆者の家の場合はルーターがあるので、穴を仕切っている部分を全て切り取ってしまっています。

ご自宅のテレビ裏にあるモノに応じて簡単に形を変えられるので、配線を入れる前にどこを切ればいいのか目印をつけておくといいですね。

注意点は、発砲スチールのゴミが出るので新聞紙を敷くこと、そしてカッターで簡単に切れますが、手を傷つけないように気をつけることだけです。

photo by author

 

ステップ2:配線コードはまとめてブロック内に入れる

穴を開ける場所が決まって、カッターで切り取ったら、次は配線です。

配線が長いことがほとんどだと思いますので、なるべくゆとりを持たせながら(小さくまるめようとし過ぎると発熱しやすくなります)、ブロックの穴の中に入れ込みます。電化製品の取扱説明書を読んで安全なしまい方をしましょう。

ブロック内できれいに収まりにくい場合は、タコ足コンセントを床に置いてコードを床まで伸ばすようにするなどすることで、すっきりと見えるようにしましょう。

 

ステップ3:設置する

おそらくテレビ裏には、延長コード付きの、いわゆるタコ足コンセントをお使いの場合が多いと思いますが、これに少し離しながら併設させるとすっきりとした印象になります。

ただ、発砲ブロックは熱に強いわけではありません。特に発熱しやすいコンセントの部分からは少し離すこと。そして配線も小さく丸めてしまうと発熱する場合もあるので、ゆったりと発砲ブロック内に格納するようにしましょう。

一般にテレビ裏にある配線は消費電力が低いものが多いと思いますが、念のため取扱説明書を確認し、コンセントにかぶせないようにしましょう。

少しだけ手間はかかりますが、配線を逃すためにカッターで通り道を作って、タコ足コンセントに併設させましょう。

 

photo bu author
photo by author

 

テレビの裏に埃が溜まる理由の一つに掃除がしにくいことがあります。配線がゴチャゴチャしていると掃除しにくいですよね。

すっきりさせると掃除もしやすくなるはずです。

 

少しだけ手はかかりますが、安くすっきりさせられるダイソーの発砲ブロック。

ぜひ試してみてくださいね!

 

【画像】

※ すべて著者撮影

【関連記事】

IKEA、ニトリ、ダイソーの優秀収納グッズで押入れスッキリ! #02

無印良品の蓋つきBOXを活用!洗濯物干しグッズ収納術

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 絶対にやめて!新米ママがやりがちな「NG公園デビュー」TOP3 [PR]

※ 毎日憂鬱…決まらないヘアスタイルの悩みはお風呂で解決 [PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

※ ツライ背中や肩…はじめての産後ヨガに三角のポーズ【NattyYoga】

【著者略歴】

※ 伊東隆志・・・頭の整理で理想の生活を構築するライフオーガナイザー。東京西部で3人の娘を育てながら活動しています。私たちが生活空間に本当の豊かさを求めるようになったのは、『断捨離』という言葉が広まったつい最近のことです。それまではカラーテレビやクーラーなどを保有することが豊かさだと信じられ実際に働く目標となっていました。しかし、今では多くの方が本当の豊かさは人それぞれ違うことをわかっています。モノを保有することで安心する時代を過ごしてきて、モノを手放すことに慣れていない生活を脱却して、その人だけの価値観を生活スタイルに取り込むことを整理収納術を通して提供したいと思っています。

(2017年3月30日の記事を再掲載しています。)

LINEで送る