叱るのはもうやめ!「自信を持てる子」に育てる基本方針

出典:https://www.shutterstock.com

内閣府が行った日本を含めた7カ国の満13~29歳の若者を対象とした意識調査(我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(平成25年度))によれば、日本の若者は諸外国に比べて、自己肯定感が低いという結果が出ています。

13歳~29歳の調査で自分に満足していると答えたのは、アメリカが86%、韓国が71.5%だったのに対し、日本は半分以下の45.8%でした。

自分に自信がない子が多く、意欲的にチャレンジすることも低いようです。

ここでは筆者がママ友達から聞いた、自信を持った子どもになる子育ての基本方針をご紹介していきます。

三尾 幸司

 

子どもは自分のペースで育っていく

出典:https://www.shutterstock.com

子どもにとって誰よりも頼りにしているのが親です。

親が子どものチャレンジを応援することで、子どももやってみようという気持ちになれます。

例えば、他の子はおむつが外れているのに、なかなか外れなくてどうしようと思っていてもあせらず、応援していくことです。

最初は失敗ばかりで苦労するかもしれませんが、粘り強くつきあっていればいつか外れます。

小学生でおむつしている人はいないですよね?

子どもは自分のペースで育っていくので、周りの子ができたからって自分の子が同じペースですぐにできるわけではないと考えると気を楽にしてわが子を応援できるようになりますよ。

 

「こうしなさい」「こうしちゃダメ」と指示してない?

出典:https://www.shutterstock.com

子どものやることを何でも否定しないということも重要です。

親から「こうしなさい」「こうしちゃダメ」と何でも指示されたり、禁止されると委縮して自分で行動できなくなります。

いつも親の顔色を見て、行動することになり、自分の選択したことに自信を持てなくなってしまいますね。

例えば、子どもがこれがいいと選んだものに対して、「それはダメ」と言うのではなく、子どもの意見を受け入れて、ダメな理由を説明してあげるといいですね。

理由を言うことで子どもは判断するための基準も学んでいきます。

ダメなところも全部「自分の子ども」と考える

子どもにダメなところがあっても、それは全部自分の子どもなんだと考えること。

子どもも自分でダメなところはわかっていて、何とかしたいと思っているもの。

そこで、親に「だからダメなんだ」とか「ここがダメ」と言われたら自信がなくなってしまいますよね。

それでも負けずに頑張ってほしい、へこたれない心をもってほしいと思うかもしれません。

ダメと言って落ち込んだら支えてあげること、そして頑張ってへこたれなかったらしっかり褒めてあげるといいでしょう。

ただ、ダメなところは裏を返せばいいところでもあります。

ノロノロとしている子は、慎重に物事を考える子と考え、いいところを伸ばしていく子育てをしていけるといいですね。

 

子どもが大きくなったママ達の話を聞いているといろいろ勉強になりますが、子どもに何でも言い過ぎない方がいいということをよく聞きます。

子どもを信頼して任せる、そしてそれを支えることで子どもの自信につながっていくんだと思います。

 

【参考・画像】

※ 特集  今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~ – 内閣府

※  Alfira、YanLev / Shutterstock

【関連記事】

※ 原因は「親」にあり?子どもが問題行動を起こす理由3つ

※ この時だけは真剣に!「必ず叱るべき子どもの行動」10パターン

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

粉ミルクを選ぶ基準って?教えて「母乳のいいところ」「ミルク選びのポイント」[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

忙しくてもキレイでいたい。働くママの時短お肌づくり -夜編-

【著者略歴】

※ 三尾 幸司・・・1979年生まれ。3児のパパ。某IT企業で営業をしながら、ワークライフバランスを実現し、たまに組織改革やダイバーシティ、女性活用などの推進に取り組み。また、NPO法人コヂカラ・ニッポンのメンバーとして、コヂカラMBAプロジェクトを進めており、子ども向けのキャリア教育やビジネスワークショップを実施。大手企業の社員の子どもや沖縄の高校生など、幅広く講演やワークショップを実施。

プライベートでは小中一貫校のPTA会長(4年目)として活動中。今までに1,000冊以上読んだ育児書やビジネス書のノウハウを元に、Blogや雑誌に子育てや教育に関する記事を寄稿し、子育てに関わる人の支援やアドバイス、将来の日本を支える子どもの教育や育成に力を入れている。AERA、Bonjureaha、サカイクなど寄稿多数。3人の子育てに毎日楽しくバタバタしてます。厚生労働省の「イクボスアワード2016 特別奨励賞」を受賞。

LINEで送る