2歳と同じ方法は効かない!? 「3歳イヤイヤ期」タイプ別攻略法3つ

出典:https://www.shutterstock.com/

“魔の2歳児”という言葉が広く知れ渡る昨今。

が、いえいえ、3歳でもまだまだイヤイヤ期現役なんですけど? リタイアの日はいつなのよ……?

と嘆いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は子育てアドバイザーである筆者が、3歳まで続くイヤイヤ期の“タイプ別攻略法”についてご紹介します。

2歳と同じ方法は効かない!? 3歳「イヤイヤ期」の特徴

2歳のイヤイヤ期は対処法の1つとして、“気分直し”がかなり活躍してくれたと思います。

“気分直し”とは、抱っこしたり、その子が好きな何かを見せたりして機嫌を直す方法です。

ですが、3歳になってくるとこのような気分直しを“ごまかし”と解釈して、“火に油”という事態になる可能性が高まります。

さらに意地を張ったり、怒りが爆発したり、さらに大声で泣いたり……。

どうしたら、3歳の気持ちを鎮めることができるのでしょうか?

 

タイプ別・イヤイヤ期攻略法〜3パターン〜

出典:https://www.shutterstock.com/

ごまかしが効かなくなるということは、つまりは“成長した”ということです。コレは実際、とても喜ばしいことですよね!

では、成長した3歳には3歳なりに、人間同士らしく“対話する”という解決法に慣れて頂きましょう。

そのためのタイプ別対処法を、次にご紹介します。

・泣き喚きタイプ

泣いたり大きな声を出したら、大人から注目されると思い込んでいる目立ちたがり屋さん。

このタイプには、“無反応”が効果的。

子どもの目線まで降りてヒトコト、「静かにお話したいから、泣くのが終わったら、ママのところに来てね」とだけ伝え、後は泣いたりわめいたりという行動に、一切反応しないことを一貫して行って下さい。

このタイプは過去に、騒いだら注目を浴びた・構ってもらえたという輝かしい功績を胸に抱いてしまっていることが多いです。

ここでの注目は、“こっぴどく怒られる”、“鬼の形相でにらまれる”といった一見ネガティブなものも含みます。

ですから、この功績は間違いであることを、親は態度で示す必要があるのです。

荒立つ感情を鎮め、気持ちを言葉にできたときに、「そうやって言ってくれるとよくわかるよ。ありがとう」と承認するのが、最後の仕上げです。

 

・すねる、いじけるタイプ

このタイプがどこかに隠れてしまったら、ひたすら愛の言葉を聞こえるように繰り出しましょう。

「ママ、本当は○○ちゃんとお話したいなあ」「それで仲直りして、一緒におやつ食べたいな。一緒に食べると、嬉しくて美味しくなるから」などと、なんでもいいのです。

出てきたら、何も責めずにニッコリ笑顔で受け入れてから、「コレがしたかったの?」「それはしたくなかったのか、そっか~」などと、共感してあげてくださいね。

素直な子なので、きっと心を開いて対話に臨んでくれるはずです。

 

・ああ言えばこう言う、理屈タイプ

とても賢く、一番ごまかしが効かないのがこのタイプ。

痛いところをついてくるので、親自身も感情的になると“泥仕合”になりますが、対話の準備はどのタイプよりもできている、話せば分かるタイプとも言えます。

親はこれまで、子どもの欲求や疑問に対して頭ごなしや、子どもだましな言動や行動を取っていなかったか振り返ってみてください。思い当たる節があれば、正直に謝りましょう。

また、挑発するような言葉には乗らないこと(もちろん自身も言わないこと)、毅然とした態度をすること、まっすぐ目を見て話すこと、低目の落ち着いたトーンの声で話すことを意識してください。

ある意味、このタイプの子は自分の鏡なので、親の態度が変われば、自然と変わっていきます。

 

いかがでしたか?

イヤイヤ期は、憂鬱なことばかりではありません。

子どもがたくさん話せるようになったり、自分自身の意思を全身で表現してきたり、一番可愛いと言われることの多い時期です。

親子で、笑顔で過ごす時間が増えるといいですね。

 

【画像】

※ Gladskikh Tatiana、Image Point Fr / Shutterstock

【関連記事】

※ 「心がポキッと折れてしまう」精神力の弱い子に育つ親のNGワード3つ

※ その褒め方合ってる?「完璧主義ママ」がやりがちなNG子育て2つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

粉ミルクを選ぶ基準って?教えて「母乳のいいところ」「ミルク選びのポイント」[PR]

髪トラブルに本気で悩んだら?カンタンに解決できる〇〇がオススメ[PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

※ ツライ背中や肩…はじめての産後ヨガに三角のポーズ【NattyYoga】

【著者略歴】

※ mica・・・夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住の子育てアドバイザー、兼、ご機嫌妻アドバイザー。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!執筆依頼はブログよりどうぞ。

LINEで送る