人形遊びが好きな息子、複雑な表情の夫「子育てとジェンダー」の難しさ

出典:https://www.shutterstock.com

出産準備をしているときから、腑に落ちないことがありました。

どうして新生児用のベビー用品は大半が水色(男の子用)かピンク(女の子用)のものばかりで、選択肢が少ないのだろう?と。

わが家はお腹の子の性別を“産まれるまでのお楽しみ”にしていたこともあり、水色とピンク以外の選択肢は申し訳程度に黄色があるぐらいで、つまらなく思ったものです。

日本のベビー用品業界は、性別に対してまだまだ保守的なんだなと思った出来事でした。

今回は男の子を育てる際にありがちな”性別の固定観念”について考えてみようと思います。

 

人形遊びが好きな息子、複雑な表情の夫

筆者の息子は乗り物全般がとにかく大好きで、ある意味とても”男の子らしい”のですが、最近ショッピングモールのおもちゃ売り場に連れて行くと、真っ先にシルバニアファミリーで遊ぶようになりました。

どうやらお人形を使ったごっこ遊びに目覚めたようで、ウサギやリスを車に乗せて走らせたり、家の階段を登らせたり、ご飯を食べさせたりしています。

メルちゃんのお人形もお気に入りで、ベビーカーに乗せて店内を散歩させてあげていました。

けれどそのことを夫に話すと、複雑そうな顔をします。

児童館でおままごと遊びが好きそうな息子のためにおままごとセットを買おうとしたときも「もっと男らしい遊びをして欲しいなあ」と言っていました。

どうやら夫は、息子がいわゆる”女の子向け”とされているおもちゃや遊びに興味を持つことが受け入れにくいようなのです。

 

 

「男の子らしさ・女の子らしさ」という呪縛を解き放つためには

出典:https://www.shutterstock.com

筆者の個人的な見解ですが、男親の方が同性ゆえに息子に対してより”男らしくいること”を求めるように思います。

“男の子は男の子らしく”と育てられた結果、自分も無意識のうちに息子に対してそれを望むようになるのではないでしょうか?

先日、NYタイムズに掲載された『How to Raise a Feminist Son(息子をフェミニストに育てる方法)』という、男の子を育てるうえでの12のポイントが書かれた記事を読んだのですが、今回の問題のヒントになりそうな言葉がたくさん詰まっていたので、内容を日本語に意訳しご紹介します。

記事を執筆したCLAIRE CAIN MILLERさんは、脳科学者・経済学者・心理学者など多くの人に”本当の意味でフェミニストな息子に育てるにはどうしたら良いと思いますか?”と質問したそうです。

すると集まったアドバイスは、男の子の子育てに限らず、すべての親に広く当てはまるものでした。

1.Let him cry(泣くのを許すこと

2.Give him role models(手本となる人物像を見せること

3.Let him be himself(ありのままの彼を受け入れること

4.Teach him to take care of himself(自分の面倒は自分で見るように教えること

5.Teach him to take care of others(他者の面倒を見るするように教えること

6.Share the work(仕事を分け合うこと

7.Encourage friendships with girls(女の子との友情を勧めること

8.Teach ‘no means no’(“ダメと言われたら絶対にダメ”と教えること

9. Speak up when others are intolerant(不適切な行いには、声をあげること

10.Never use ‘girl’ as an insult(絶対に“女”という言葉を使って侮辱しないこと

11.Read a lot, including about girls and women(女の子や女性に関するものも含めて、たくさん読書をすること

12.Celebrate boyhood(少年時代をたたえること

 

記事を読んでドキッとしてしまいました。

筆者自身、泣き虫な息子に対してつい「男の子なんだから泣かないの!」と言ってしまうことがあります。
”男の子だから”習い事ではなるべく身体を動かして欲しいですし、息子の将来の姿を思い描くときは“男だから”たくましく生きて欲しいと願っています。

夫の反応にモヤモヤしていたわりには、自分もさほど変わらないかも、と思い知らされました。

性別の固定観念に縛られずに子どもと向き合うのはとても難しいことです。

親が無意識に口にする「男の子だから……」や「女の子だから……」という言葉が、子どもの視野を狭くする可能性があります。

まずは親が”何に興味を持っても、どんな性格でも、ありのままのあなたを受け入れるよ”という気持ちでいたいものですね。

 

 

【参考・画像】

How to Raise a Feminist Son – The New York Times

※ Christin Lola、Falcona / Shutterstock

【関連記事】

※ それ完全に甘やかし過ぎでしょ!イクメンパパの「甘やかし」NG育児4つ

※ 「子どもには おかしなモノを 与えるな」~パパのNGな食べ物の与え方編~【ダメパパ川柳連載 第7回】

※ 【泣く・叫ぶ】感情が爆発する子どもにすべきたった1つのこと

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

※ 【まだ悩んでるの?】毎日のおむつ替えや寝かしつけがグッと楽になる方法とは[PR]

LINEで送る