面倒な「梅雨の部屋干し」に救世主!室内物干し竿が便利すぎる

出典:https://www.shutterstock.com

今年もいよいよ梅雨がやってきます。

この時期は長い雨が続いたり、降ったり止んだりが続くのでカビの発生と並んで頭を悩ますのが洗濯物ですよね。

特に共働きで日中誰も家にいないご家庭では、わずかな晴れ間を狙って洗濯物を干すのも難しいと思います。

会社から帰って来たら洗濯物が雨でビッショリ……なんて疲れが何倍にもなってしまいますよね。

床に広げるタイプの洗濯物干しグッズもありますが、床を見えなくすると途端にごちゃごちゃ感が出ますし、何より使わない時が邪魔です。

そこで今回は、お部屋や廊下の日当たりのいい場所に、必要な時だけ屋内物干し竿を出せるグッズをご紹介します。

急な雨も心配無用!不要時はすっきり片付けられる

今回紹介するのは川口技研の「ホスクリーン」です。簡単に室内の物干し竿が準備でき、しかも使わない時はすっきり片付けられる点が最大のメリットです。類似商品もありますが、おおむねワンセット2万円弱で購入できます。

使わない状態だと直径10㎝、暑さ13㎝程度の薄い金具が天井についているだけなので目立ちません。

YouTubeで「ホスクリーン」と検索すると工務店などによる取り付け実演動画もアップされていますので、ご自身で取り付けることも可能ですが、その場合は天井の下地(間柱)を探す「下地センサー」や「ピンタイプの下地探し」が必要となります。

長く安心して使うために、心配な方はお近くのリフォーム会社などに設置もらうのも良いかと思います。こちらは2万円弱から3万円程度で依頼できます。

以下の画像は、実際にわが家で取り付けてみた時のものです。

出典:https://itmama.jp

この状態からポールを2本差し込み、先端の輪っかに物干し竿を通せば、あっという間に室内物干し竿ができ上がります。細いポールと専用物干し竿の3本だけなので使用しない時はすっきり片付けられます。

出典:https://itmama.jp

ホスクリーンは過去にグッドデザイン賞やキッズデザイン賞を受賞しており、デザイン的にもインテリアの邪魔をしませんし、

出典:https://itmama.jp

 

花粉の時期など外に干したくない時にも大活躍!

アレルギー症状を持つ方も多い今日ですが、梅雨以外でも洗濯物を室内に干すことで花粉や黄砂、PM2.5など空中を漂う避けたい物質から洗濯物を守ることができます。

また、外に干したくない下着や風で飛ばされやすい衣類などでも安心して干すことができますし、戸建てにお住まいの方は1階に設置することで洗濯物を持って階段を昇り降りする必要もなくなりますね。

家事の負担を減らすためには動線を短くすることが重要ですが、その点でも優れたグッズです。

 

いかがでしたか?

ただでさえ忙しい朝に洗濯物で頭を悩ますことが減って、かつ家事動線上も楽になる室内物干しグッズの設置を検討してみてくださいね。

【参考・画像】

ホスクリーンシリーズ – 川口技研

※ Voyagerix / Shutterstock、著者提供

【関連記事】

※ 「TV裏のぐちゃぐちゃ配線」がダイソーの発砲ブロックですっきり収納!

※ 子どものお片づけに!IKEAのおススメ「優秀プチプラ収納グッズ」

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

粉ミルクを選ぶ基準って?教えて「母乳のいいところ」「ミルク選びのポイント」[PR]

髪トラブルに本気で悩んだら?カンタンに解決できる〇〇がオススメ[PR]

※ おもちゃ収納を工夫してロボット掃除機が使える部屋に【ワーママ的片付け術vol.4】

気分はスペイン!本場の料理&フラメンコショーが楽しめるレストラン

LINEで送る