SHELLYが特別研究員に就任!「メリーズ赤ちゃん気持ちいい研究室」開設

出典:https://itmama.jp/

生まれたばかりの赤ちゃんって、あまり目が見えていなかったり、話せなかったりしますよね。

その分、ママが一生懸命話しかけたり、オムツ替えやおっぱいをあげたりして頑張っているのではないでしょうか。

でも、実は生まれたばかりの赤ちゃんでもちゃんと“気持ちいい”という感覚は分かっているんだとか!

そこで花王株式会社メリーズは、おむつや肌に関する赤ちゃんの“気持ちいい”のヒントや情報を発信するWEBサイト『メリーズ赤ちゃん気持ちいい研究室』を6月1日(木)に開設しました。

出典:https://akachan-kimochi-ii.com/

その特別研究員になったSHELLYさんの就任式に、It Mama編集部が取材をしてきました。

ご自身もママになったばかりのシェリーさんと一緒に、赤ちゃんの“気持ちいい”について見ていきましょう。

 

おしっこをした後のオムツの中は湿度80%になる!

これから夏になり、汗ばむ季節になってくると、赤ちゃんは大人の何倍も汗をかきます。

赤ちゃんのおしっこやうんちの後のオムツの中は、なんと湿度80%にもなっているんだそうです。

そうすると気になってくるのは“オムツかぶれ”。

SHELLYさんも、お子様のおしっこの後にパンパンになったオムツを見たり、触ったりした経験はあるものの、この80%という数字にはビックリの様子。

出典:https://itmama.jp/

まるでジャングルの熱帯雨林のような熱気と湿気で、赤ちゃんの繊細なお肌がかぶれてしまうのは可哀想ですよね……。

そんなオムツの中のムレている状態を、赤ちゃんは気持ち悪いと思うからこそ泣いてママにお知らせするのです。

赤ちゃんのおしりが常に“気持ちいい”状態であることが、ママと赤ちゃんの余裕にも繋がっているのかもしれませんね。

 

赤ちゃんの気持ちいいを守れ!紙おむつ「メリーズ」の使命

ずっと赤ちゃんが使って快適なオムツを開発してきたメリーズの、「メリーズ赤ちゃん気持ちいい研究室」の特別研究員は、そんな赤ちゃんの“気持ちいい”に関して真剣に考えていくそうです。

自身が赤ちゃんの頃から使っていたメリーズを、ママになった今、お子様にも使っているというSHELLYさんだからこそ就任できた特別な研究員。会場では白衣と眼鏡をかけ、研究員らしいスタイルに!

さらに、メリーズの通気性を体験する実験がスタート。

ビーカーの底にメリーズを貼り、水を注いでも落ちない様子に会場からも驚きの声が。

出典:https://itmama.jp/

でも、凄いのはそれだけじゃないんです。おしっこを漏らさないのに、下からポンプで空気を送ると、なんと泡がポコポコ出てきました!

この通気性を目で見たSHELLYさんは、改めてメリーズの特徴である“通気性の良さ”を実感した様子。

これからもメリーズでお子様のおしりを守ってあげたいとおっしゃっていました。

SHELLYさんも、まだまだ新米ママ。そして「ママは忙しい育児の中で、つい余裕がなくなりがちだけど、赤ちゃんの笑顔を見ただけで幸せな気持ちになれます。育児を一緒に頑張りましょう!」と会場のママに向けてメッセージを贈っていましたよ。

 

いかがでしたか?

こうして生まれたての赤ちゃんの“気持ちいい”を守ってあげることで、赤ちゃんとママの間に信頼関係が生まれていくのかもしれません。

毎日赤ちゃんの笑顔のために頑張るママの皆さん、ぜひWEBサイト「メリーズ赤ちゃん気持ちいい研究室」も、チェックしてみてくださいね。

 

【参考】

※ メリーズ赤ちゃん気持ちいい研究室 – 花王株式会社

【関連記事】

「ママもオムツはくの?」思わず爆笑!子どもの珍回答8選

わが子の「使用済みオムツ」ママ友宅に置いていくのってアリ?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

粉ミルクを選ぶ基準って?教えて「母乳のいいところ」「ミルク選びのポイント」[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

忙しくてもキレイでいたい。働くママの時短お肌づくり -夜編-

 

LINEで送る