レスだって排卵日は悶々しちゃう!けど…久しぶりの「夜のお誘い」を成功させる秘訣

出典:https://www.shutterstock.com

夫とのセックスは、もう何だかウンザリ……。そんな思いが続いていると、実はその気持ちは相手にも伝わっているものです。

しかし、妊活の場合そんなわけにもいきません。

もちろん妊活でなくても、日本人の多くがセックスレスに悩んでいるのですが、そんなことを相談できる場所もなく、苦しんでいる女性が沢山います。

セックスを楽しむことは赤ちゃんを迎えるためにも必要ですが、実は妊娠、出産後の子育てをしていく上でも、夫婦仲にとても大きな影響を与えるのです。

今日は、元看護師で妊活カウンセラーでもある筆者が、女性も感じる悶々としてしまう気持ちやセックスを楽しむために必要な準備についてお話をしていきます。

%e4%bc%8a%e8%97%a4%e5%84%aa%e5%ad%90

久しぶりに仲良くしたいのに…どう誘っていいかわからずにイライラ…。

セックスレスに限らず、排卵日辺りは女性も性欲が出てくるもので、レスで悩んでいる人の中には悶々としている人も多くいます。

それが更に妊活になると、自分をもっと受け入れて欲しい感情が高ぶり、「ちゃんと考えているの?」と、夫を追いつめてしまう人も多いのではないでしょうか?

子作りセックスになっていると、身体が持っている本来の性欲ではなく、子どもを作る行為の1つとして認識している思考の方が強くなって、余計にイライラしてしまう人も多いものです。

 

●イライラをぶつけると、男性は本来の性欲にフタをする

出典:https://www.shutterstock.com

男性は子作り道具としてだけではなく、もっともっと自分自身を求めてほしいと思うものであり、本当は女性も同じ感情を持っています。

それが周りからの影響もあり、子どもということに執着してしまうことで、本来感じている性欲にすら気づけなくなってフタをしている人も多いのです。

 

レスだってムンとしちゃう!自分の性欲を認めた後は、素直に気持ちを伝える

「自分からしたいなんて恥ずかしい……。」

日本人女性の多くが、男性から与えられるのを待っているタイプの人が多いのですが、アメリカ映画などを観ているとどうでしょう? お互いが、求めたい時に求めあっている場面をあなたも見たことがありますよね。

筆者のクライアントでも、性生活を楽しんでいる夫婦は、決して夫からだけでなく妻からの誘いもあり、夫婦生活を楽しんでいます。

ただ自分から誘ったことがない場合、最初は本当に緊張するものです。

・「だって夫にもう女として見られていないから」
・「断られたら耐えられない」

こんなネガティブに思ってしまう感情も、すべて「女性らしいな~」と認めてみるとどうでしょうか。

性欲が出てくる自分も本当は人間らしい本能なのに、否定してしまっていることで、実現がうまくいかなくなっていることも多いのです。悶々とする気持ちを感じてあげて、自分の身体に触れてみるのもとても効果的です。

するとイライラした感情ではなく、相手を求めたいという素直な感情から、夫へその気持ちを伝えられるようになり、自然と女性らしく彼に接することができるようになります。

 

求められたい!と待っているだけではダメ!あなたが夫を1人の男性としてみて

●どうやったら夫から求められる?→「どうやったら夫があなたを押し倒したくなるか」

出典:https://www.shutterstock.com

レスの人の多くから、「どうやったら彼が来てくれますか?」と質問されます。しかしこれ自体が捉え方が違っていて、

「どうやったら彼はあなたを押し倒したくなるか?」

そんな思考に変換してあげることで、見える世界は変わってきます。夫はあなたのもっともっとファンにしてしまうこと。

それは、結婚したからといって終わりではなく、本当はこれから何十年と一緒にいるための始まりなのかもしれませんね。

 

●夫を「男性扱い」すると良いことだらけ!

セックスレスや夫婦関係がうまくいっていないと、やっぱり不安になりますよね。でもね、結婚を決めて一緒に生きていくと決める覚悟は、本当は男性の方が大きいものです。

夫は男性として扱われることで沢山セックスを求めてくるようになりますし、仕事でも出世したり本来の力を発揮していきます。

そんな夫は、本当はあなたの1番の味方であり、妻のことが大好きなのです。

 

いかがでしたか?

社会問題化しているセックスレスですが、視点を変えていくことで、本当はレス解消も、妊活も望むままに未来は変化していくものです。

自分を決して責めることなく、愛し愛される性生活を沢山楽しんで下さいね。

 

【画像】

※  nd3000 / Shutterstock

【関連記事】

「今日は排卵日よ!」って言われても…夫が引いちゃう妻のNG発言5選

貴女の知らない「採精」の世界! #08 【妊活QA】

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後気になるママ達のお悩みは?本音座談会★[PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

忙しくてもキレイでいたい。働くママの時短お肌づくり -夜編-

 

 

LINEで送る