超簡単!子どもの「記憶力」がグングン良くなる言葉がけ5つ

source:http://www.shutterstock.com/

一度見た数字はすぐに覚えてしまうという、ドラマ『相棒』の主人公で“和製シャーロック・ホームズ”と呼ばれる杉下右京ほどは望まないにしても、「もっと記憶力がよければ」と思ったことありませんか? 

実は、記憶力のいい人達に共通しているのは、物事を記憶する時、それに関連したものを“イメージする”ということ。つまり、記憶力のいい人は“想像力も豊かである”と考えられるのです。

そこで、今日は『グローバル社会に生きる子どものためのグローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者・平川裕貴が、想像力を高めるための子どもへの言葉がけのコツについてお伝えします。

子どもに単語を教える時は“ストーリー”にして伝えよう

例えばリンゴの場合、「これはりんごだね。おいしそう」でもいいですが、こんな風に言ってみます。

「これはりんごだね。赤いのや緑のや黄色いのもあっておいしいのよ」

そうすると、色も付けくわえて言うことで子どもは赤いリンゴを見ながら、頭の中で緑や黄色のリンゴを思い浮かべます。色のイメージは記憶にとってとても大切です。 

イメージを膨らませる会話術5つ

シンプルな単語でもイメージが膨らむような言葉を入れて教えていくと効果的です。日常でよく使うような単語を例にしてみましょう。

いぬ

「ほら、むこうから犬が来たね。かわいい犬だね。お散歩しているのかな?」

人が連れていることで、犬は家で飼われる動物だとわかりますね。人がお散歩を含めて面倒をみているのだと理解します。

とり

「あら鳥がお空を飛んでいるね。ピーピー泣いてエサをさがしているのかな?」

自分も空を飛べたらいいなと思って、どうしたら飛べるのだろうと考えてくれて、それが将来の夢になるかもしれません! また、空からみた景色を思い浮かべているかもしれません。“ピーピー”の一言で鳴き声にも意識が向くでしょう。

「きれいな黄色いお花があるね。もう少しすると花びらがもっと開くのよ。こうして嗅いでみるととってもいい匂いがするよ」

子どもはみんな花が大好きです。花びらが開く想像を膨らませてあげて、香りにも意識を向けさせましょう。匂いが記憶に役立つこともあります。

カバン

「あの子の赤いカバンかわいいね。●●ちゃんも大きくなったらかわいいカバン持って幼稚園に行こうね」

自分も大きくなって、赤いカバンを持って幼稚園へ行く姿を想像することでしょう。幼稚園に行くために、早く一人でご飯が食べられ、トイレができるようになりたいと思って頑張ってくれるかもしれません。

「あら、大きな石。触ってごらん。硬いね。つまずいたら転んじゃうから気をつけようね」

ものによって硬さが全く違いますし、同じ硬い石でも触った感じは違いますね。また、つまずくと転ぶんだということを知って、危険回避の方法も学んでいきます。

 

いかがでしたか?

一度や二度の言葉がけでイメージができ、想像力が高まるわけではありません。言葉を覚え始めた子どもには、ママも想像力を働かせて、日々いろいろなストーリーを作って語りかけてあげてください。その時は、見る・聞く・匂う・触る・味わう、といった五感を刺激する言葉をぜひ入れてくださいね。

【画像】

※ Grezova Olga / shutterstock

【関連記事】

※ 習い事やめたい!子どもの「やる気がますます低くなる」親のNGフレーズ4つ

※ 「ご主人何のお仕事してるの?」 世帯年収を探られがちな質問3つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

産後ママの95%が悩んでいる!意外と気になる「ヘアケア」の実態調査★ [PR]

※ 忙しい朝でもコーデがすぐ決まるクローゼット収納のコツ

※ 夏はさっぱりケア。メルヴィータからピンクの「美脚シェイク」新登場

【著者略歴】

※ 平川裕貴・・・日本航空国際線CA、外資系英語スクールを経て、1988年に子ども向け英会話教室を設立。30年以上に亘り子ども英語教育に携わり、現在3歳から6歳までの子どもにバイリンガル教育を実施中。近著は『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』

(2014年11月11日の記事を再掲載しています)

LINEで送る