親の理想は高い?子どもに求める「理想の大人・有名人ランキング」TOP3

出典:https://www.shutterstock.com/

あなたはご自身のお子様にどんな大人に育って欲しいですか?

また、この先の新時代を生きて行くために、どんな風に育てる方が良いと思いますか?

アンケート結果から見えてくる、多くのママが子どもに抱く理想人物について、また将来を見据えた育て方について、一緒に考えてみましょう。

圧倒的1位はイチロー!親に聞いた「理想の大人ランキング」

ソニー生命保険株式会社がおこなった、大学生以下の子どもがいる30~59歳の男女が対象のアンケートによると、自分の子どもに目指して欲しい“理想の大人”のイメージに合う有名人や歴史上の人物はこのような結果に。

1位「イチロー」(44件)

2位「タモリ」(23件)

3位「天海祐希」、「所ジョージ」(各22件)

となりました。

※調査期間:2017年2月9日~2月13日の5日間
※対象:大学生以下の子ども(複数いる場合は長子)がいる30~59歳の男女

確かに親としては、海外で偉業を成し遂げるイチロー選手を見ていると「どうやって育てたら、あんな立派になるの?」というくらいご両親の育て方を知りたくなります。

絶対に諦めずに人の何倍も努力して、成長をし続ける姿は、どんな世代の人もお手本にしたい理想像そのものですね!

他にランクインしている方も、もちろん大物ですが、共通するのは“優しさ”や“強さ”のようなイメージがあります。

もちろん医者やパイロットなど、収入に困らない大人になることも大事かもしれませんが、やはりお金よりも大切なのは”その人の内面”ですよね。

失敗にも負けない強さや、人に対する優しさや気遣いができる人は、自然と大きな存在になっていくのかもしれません。

 

将来…子ども達の職業や就活はどうなる!?

出典:https://www.shutterstock.com/

最近ではスマホが生活の中に深く浸透していますが、20年前には今の生活は想像もしていませんでしたよね。そして今後数十年でも、私たちの生活は大きく変わります。

例えば、”人工知能”の急激な発展。

科学の進歩は素晴らしいことですが、近い将来、今の私たちの仕事の多くは人工知能にバトンタッチしていくという話は、多々耳にすると思います。

筆者はヨガの仕事をしているので、「先生は一生好きなことを仕事にしていけるから良いですね」と言われます。自身も、「おばあちゃんになっても楽しんでできる仕事」に魅力を感じてこの道に進みました。

しかし、ロボットがヨガを教える時代が来るかもしれないと、たまに思います。

今の小さな子どもたちが就職活動をするとき、どんな仕事のチョイスがあるのでしょうか?

人間ができる仕事が減っていくので、私たちの子どもはきっと厳しい時代を生きることになりそうです。

そのために、もちろん学力を身につけておくことは大切だと思いますが、先ほどご紹介した理想の人物の共通点“強さ”というのはとても重要なことだなと、しみじみ感じました。

どんなに壁にぶつかっても、諦めない強さがあれば、きっと厳しい時代でも生きていけます。

そして様々な壁を乗り越えて強くなった子は、人の痛みが分かる、優しさも自然と備わってくるはずです。

今から、将来を見据えた子育てについて考える必要がありそうですね!

 

いかがでしたか?

ママそれぞれに子どもに抱く理想はあるかと思います。

早期の英語教育や音楽も、きっと良いものですが、これからの時代を生き抜くためには、常に諦めずに強い心・人を想える心を持った子にする育て方も重要になりそうです。

【参考・画像】

※  michaeljung、Yuganov Konstantin / shutterstock

 子どもに目指して欲しい理想の大人-ソニー生命保険株式会社

【関連記事】

※ 「心がポキッと折れてしまう」精神力の弱い子に育つ親のNGワード3つ

※ 子どもが将来「100%」不幸になる!毒親予備軍のNG行動4つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後気になるママ達のお悩みは?本音座談会★[PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

忙しくてもキレイでいたい。働くママの時短お肌づくり -夜編-

【著者略歴】

Yuno・・・ヨガ・アーユルヴェーダ・おむつなし育児アドバイザーの分野で活動。自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立し子連れのママヨガやマタニティヨガは大きな反響を集めています。また2015年に第一子を出産。自然な生活・自然な育児をモットーに、妊婦さんや産後のママのサポートに励んでおります。2016年秋からは認可外保育園で、アーユルヴェーダ食の献立を提供したり、おむつなし育児のサポートをし、子どもたちが自然に、また健康に育つための活動をしている。

LINEで送る