【あげまん妻】「上から目線」はNG!夫への上手な“喝”の入れ方4つ #15

出典:https://www.shutterstock.com

「あげまん妻」になるには、夫を甘やかしているばかりではなく、ときにはしっかりと喝を入れてあげることも大事です。

ただ、男性はプライドが高い生き物なので、そのやり方だけは間違えないように気をつけなければいけません。

そこで今回は、夫に上手に「喝を入れる」テクニックを紹介します。

▶▶前回の【あげまん妻】はコチラ

山田周平

 

夫に上手に「喝を入れる」テクニック4つ

出典:https://www.shutterstock.com

(1)「逃げ道」も作ってあげる

夫にダメ出しをしたりすると、夫もカチンときて言い争いになってしまったりすることもあるでしょう。ただ、口論になってしまった際に、逃げ道が全くなくなってしまうほど問い詰めてしまうと、夫も心が折れてしまうだけです。

夫を叩きのめすことや、自分が口論に勝つことが目的ではないので、コテンパンにやっつけてしまうのは得策ではないでしょう。何も言い返せなくなるまで言い負かされてばかりいたら、夫はどんどん自信も失っていってしまいますよ。

(2)「上から目線」はNG

夫のダメな部分を注意したり、改善策を提案したりする際に、上から目線で言ってしまうのは最もやってはいけないことです。夫のプライドはズタボロに傷つき、妻にも憎しみしか感じないようになってしまうでしょう。

上から偉そうに叱り続けるのではなく、一緒に改善策を探していくというやり方がベストかも。夫だけではなく妻も直すべき部分は直し、歩み寄りを見せながら、現状を打開していくような夫婦になれたら最高でしょうね。

(3)「場所とタイミング」を選ぶ

夫に注意をしたりする際は、その場所とタイミングがとにかく大事。人がたくさんいる場所で説教を始めたり、知人などの前できつくダメ出しをされたりしたら、夫の自尊心はもうボロボロの状態になってしまいます。

また、本当に落ち込んだり弱ったりしているときに、さらにダメ押しのように注意をされたら、立ち直れなくなってしまいます。自分のパートナーとしても、弱っているときに追い討ちをかけてくるような妻は絶対に嫌なはずですよ。

(4)「デキる人」ということは伝える

「あなたはやればデキる人なんだから」と、ちゃんと夫を認めてあげることは忘れてはいけません。妻から信頼されていると感じられるかどうかは、何よりも一番大きなポイントになってくるでしょう。

頭ごなしに否定されてしまうのと、信用しているからこそ、ときにはダメ出しだってするというのでは、全く意味合いは変わってくるもの。夫をやる気にさせることができるダメ出しは、信頼感を表現できるかどうかが大切ですよ。

「あげまん妻」は、夫にダメ出しをして喝を入れることだってあります。やる気に火をつけることができるようなダメ出しであれば、夫が大きく成長してくれたりする可能性だってありますよ。

 

【画像】

※ Iakov Filimonov / Shutterstock

【関連記事】

※ 【愛され妻シリーズ #09】出世も間違いナシ!? 夫を成功に導く「あげまん妻」の特徴4つ

※ 【あげまん妻】やりすぎはNG!夫に「程よく尽くす」テクニック3つ#11

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ 忙しい日の朝食に食べたい、キヌア入りカラフルサラダの作り方

忙しくてもキレイでいたい。働くママの時短お肌づくり -夜編-

【著者略歴】
山田周平・・・ライター。Webライターとして、WEBサイトの企画・ライティングや恋愛コラムの執筆などを行っている。著書に『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』(大和出版)

LINEで送る