もっと…もっと…!おねだり上手が夜を制す「男性が燃え上がる」テク

source:https://www.shutterstock.com/

子育て世代の夫婦は大忙し。ちょっと油断すると「あれ、前にしたのはいつだっけ……」なんてことになりかねません!

こういったプチ・レスな状況に陥ってしまう原因には、忙しさのほかに“マンネリ化”があります。確かに長年連れ添う間柄では、新鮮さやドキドキを保つのは至難の業です。

今回はご機嫌妻アドバイザーである筆者が、マンネリ化を脱するコツをお伝えします。

mica

男性を「視覚」で刺激!3つのテク

男性は“視覚優位の性”と言われます。

外見を重視するのは女性よりも男性です。筆者は、この話をするときは、いつも野球選手とアナウンサーのカップルを思い浮かべてしまいます。どう考えても、男性のほうが見た目にこだわっていますよね。

ですから男性は、性的興奮も視覚から得るということです。そこを利用ない手はありません! じっとこちらを見ている彼の視線を意識した動きをしてみましょう。

(1)身体をくねらせて「艶かしく」

男性から見て身体がまっすぐになっているよりも、ちょっと身体をくねらせた姿勢を意とってみてください。男性側から見て、大きなお尻が横にプリンと出ているのが見えるように、また、“背中のカーブ”がキレイに出るようなイメージです。

(2)気持ちイイことを「表情」で表現

男性が最も興奮する女性の反応のひとつがコレです!

男性は元々、女性を喜ばすのことが好きな性です。でも、演技ではつまらないですよね。ここは女性も思いっきり気持ちよくなれるよう、積極的に楽しみましょう。

(3)オーラルセックスをするときは「時々上目遣い」

ひたすら集中してご奉仕するよりも、時々下からチラリと見上げて、見せつけるように舌を使ってみてください。恥ずかしそうに見上げるのも、男性はグッとくるようですよ。

 おねだりが効果抜群!男性が「グッとくる」魔法の言葉

セクシーな女性の代表的な存在である杉本彩さんによると、女性が「もっと……もっと……!」とおねだりすると男性は燃え上がるのだそうです。

杉本さんほどセクシーにはできなくても、可愛くおねだりはしてみる価値はありますよ。

ちょっと照れくさい場合は、“私”を主語にすると伝えやすくなります。「そこが気持ちイイから、もっと触って欲しい……」などとお願いしてみて下さい。

普段言わない人が言うのがまた、男性を盛り上げることうけあいです。

セックスは2人の共同作業です。そして夫婦円満をキープするためにも大切な時間です。マンネリ化とは無縁な夜の生活のために、ぜひ積極的に工夫してみて下さいね!

【画像】

※ Jacob Lund / shutterstock

【関連記事】

※ 夫婦関係が盛り上がる!? 今夜からすぐ試せる1・2・3ステップ

※ ホンモノの性欲は月に1回!? 「ムラムラを解消」して満たす方法

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

産後ママの95%が悩んでいる!意外と気になる「ヘアケア」の実態調査★ [PR]

※ 可愛くなりすぎない。大人に似合うピンクリップ&チーク選びのコツ

※ お肉好きにはたまらない生中継イベント「ウルフギャング」で開催

(2017年4月8日の記事を再掲載しています)

LINEで送る