眠いのはママだけじゃない!復職が「子どもの睡眠時間、減少」の原因に…

出典:https://www.shutterstock.com/

4月から職場復帰をしたというママは、復職から1ヶ月が経ち、毎日の生活リズムが大きく変わった方も多いのではないでしょうか。

子どもが保育園に通い始め、朝は送り届けるまでバタバタ、そしてお迎えに行ってから夕飯・お風呂・寝かしつけまでの夕方以降も大忙し。本当に目が回るような毎日ですよね。

筆者は現在2人目の子どもの育休中ですが、1人目の育休明けで復職した際に最も不安に感じたことは、以前に比べてこどもの就寝時間が遅くなってしまったことでした。

今回は、同じように子どもの“就寝時間が遅くなったこと”で悩んでいるママたちへ、ママの職場復帰と子どもの睡眠時間の関係と、改善方法についてご紹介します!

7 割以上の働くママが「復職後に寝不足を感じている」!?

まず、わが子の睡眠時間が足りているのかどうか把握できていますか?

米国の『National Sleep foundation』が2015年に発表した「望ましい睡眠時間の指標」は以下の通りです。

・新生児(0~3ヶ月):14~17時間

・乳児(4~11ヶ月):12~15時間

・幼児(1~2歳):11~14時間

・就学前児童(3-5歳):10~13時間

上記は昼寝と夜寝の両方を足した睡眠時間ですので、保育園でのお昼寝時間と夜寝の時間を合計して計算してみてください。

この指標を見て、わが子の睡眠時間が足りていない! と焦ったママも多いのでは?

オイシックス株式会社が2017年に働く母親向けに行った『出産後の復職(就職)による親子の睡眠の変化に関する調査』によると、半数近くの働くママの子どもがママの復職後に睡眠時間が減少しています。

さらに、リズムが掴めず子どもを寝かせる時間が遅くなった結果、7割以上のママが復職後に“睡眠不足”を感じているという結果になりました。

ではなぜ、復職後に子どもの睡眠時間が減少しているのでしょうか?

 

子どもの就寝時間を左右するのは「夕食」の時間

出典:https://www.shutterstock.com/

先の調査によると、子どもを早く寝かせられない理由の1位は“夕食の時間が遅いこと”なんだそうです。

そして会社から帰宅後ストレスに感じる家事の1位も“夕食づくり”という結果から、子どもの就寝時間を語る上でキーになるのは”夕飯”であることがわかります。

筆者の場合も、保育園の帰りに公園で遊ばせてから帰宅、そこから夕飯の支度を始めるという生活になったため、復職後は夕飯の時間が以前よりも1時間以上遅くなってしまいました。

しかし”夕飯”が原因なのであれば、その攻略がわが子の睡眠不足解消に繋がるということ!

というわけで、“幼児食アドバイザー”の資格を持つ筆者が実践して効果があった方法をご紹介します。

 

幼児食アドバイザー直伝!「夕飯攻略のコツ」5つ

(1)週末にまとめて作り置きをし、平日の夕飯はメイン料理以外はお皿に盛り付けるだけで済むようにする。

(2)メイン料理に関しても食材は朝のうちに切っておく、下味をつけておくなどし、夕飯前は加熱調理をするだけにしておく。

(3)「具沢山スープ」や「野菜たっぷりハンバーグ」など一品でたくさんの栄養素を摂りやすいメニューを活用し、品数を減らす。

(4)残業などでいつもよりお迎えが遅くなる日は、無理せずに外食やデパ地下のお惣菜などに頼っても良いことにする。

(5)集中力を妨げ食事時間が長くならないよう、食事中のテレビはNG。

 

いかがでしたか?

子どもにとって食事と睡眠は体だけでなく脳の成長にも大切なことです。

働きながらの子育ては本当に大変ですが、わが子の睡眠時間確保に向けて無理なく頑張りましょう!

 

【参考・画像】

※ NATIONAL SLEEP FOUNDATION RECOMMENDS NEW SLEEP TIMES

※ 出産後の復職(就職)による親子の睡眠の変化に関する調査 – オイシックス株式会社

※ Photographee.eu、gvictoria / Shutterstock

【関連記事】

※ 【寝かしつけあるある】職場復帰で生活リズムが変わったら寝なくなった

※ 就寝前のTV・スマホが夜泣きに影響!? ママが毎日寝る前に気をつけること

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

産後ママの95%が悩んでいる!意外と気になる「ヘアケア」の実態調査★ [PR]

※ 【yuuka式産後ヨガvol.4】ツライ肩こりをリフレッシュするポーズ

※ 手抜き感なし!慌ただしい朝は時短ベースメイクをためして

【著者略歴】

SUZU・・・名古屋市在住のママライター。会社員(現在育休中)。札幌出身。1984年生まれ。2014年に第一子(男の子)、2016年に第二子(女の子)を出産。2015年に幼児食アドバイザーの資格を取得。

LINEで送る