結婚相手がいきなり「子供欲しくない」宣言、これって詐欺じゃないの?

出典:https://www.shutterstock.com

「主人公の夫の言動に狂気を感じる」と評判のTBS系ドラマ『あなたのことはそれほど』(毎週火曜22時~)。作中ではW不倫を隠している妻の渡辺美都(波瑠)が、子どもが欲しい夫の渡辺涼太(東出昌大)に対して、「子どもは一生いらない」と宣言しているシーンがありました。

結婚するときには子どもを作る前提だったのに、結婚後に「子どもはいらない」宣言をするなんてある意味結婚詐欺ではないか、また離婚事由になるのではないか、という疑問について弁護士の筆者が解説します。

%e6%9c%a8%e5%b7%9d

結婚詐欺にはならない

一般的に、結婚詐欺という場合は、結婚することをちらつかせて金銭をだまし取ることを想像すると思います。このように、金銭をだまし取られた場合は詐欺罪(刑法246条)が成立しますし、民法上もだまし取られたお金の返還請求や損害賠償請求が可能になりますが、本当は子どもを作る気がないにもかかわらず、子どもが欲しいから結婚しようとだまして結婚した場合は金銭や財産上の利益を得ているわけではないので、詐欺罪には当たりません

また、普通の人は子どもを作るためだけに結婚するわけではなく、その他の事情も考慮して結婚するものですから、「絶対子どもを作ろうね」と約束したうえで結婚したとしても、よほどの事情がない限り、民法上の詐欺を理由としての婚姻取消し(民法747条1項)や慰謝料などの損害賠償請求は認められません。

したがって、結婚後にいきなり「子どもはいらない」宣言をしたとしても結婚詐欺だとして相手を訴えることは無理だと考えたほうがいいでしょう。

離婚事由にはなり得るが、それだけで離婚することは難しい

上記のとおり、普通の人は子どもを作るためだけに結婚するわけではなく、その他の事情も考慮して結婚するものですし、結婚生活を重ねるうちに事情が変わることもあります。

よってその他にも「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条5項)がない限り、裁判上の離婚が認められる可能性は低いです。そして、離婚事由の有無と慰謝料請求の可否は必ずしもイコールではありませんが、婚姻を継続しつつ「子どもを作りたくない」と言った配偶者に対して慰謝料請求をしても認められることはないでしょう。

なお、当事者が婚姻(結婚)契約で「子どもを作らない場合は離婚する」と定めるケースも想定できますが、子どもを作らなかった理由が病気などのやむを得ない事由であったり、離婚したときに一方配偶者が困窮するなど、離婚をすることが相手にとって酷となったりする場合は裁判上の離婚が認められないこともあります。

夫婦の形は人それぞれですし、お互い人間である以上心変わりや事情の変化は許容すべきですから、明らかな違法でない限り裁判所も夫婦間の問題には謙抑的です。

もし実際に「絶対子どもを作ろうね」という約束が守れないから離婚したという夫婦がいたとしても、それは他の問題もあってのことだと思いますよ。

【画像】

※ Stock-Asso / Shutterstock

【関連記事】

※ 「できちゃった結婚」で出産前に夫の不倫…そして離婚

※ 不倫相手の子がお腹に…「結婚中に妊娠した子」は夫の子になる?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

産後ママの95%が悩んでいる!意外と気になる「ヘアケア」の実態調査★ [PR]

※ 忙しいママのための「時短」&「管理しやすい」冷蔵庫収納テク

スメハラにならないために。今こそ知っておきたい汗のニオイ対策

【著者略歴】

木川 雅博・・・星野法律事務所(港区西新橋)パートナー弁護士。損害賠償・慰謝料請求、不動産の法律問題、子どもの事故、離婚・男女間のトラブル、墓地・お寺のトラブルその他、法人・個人を問わず様々な事件を扱っています。

LINEで送る