知っているようで知らなかった「うがい」の正しい方法とコツ

出典:https://www.shutterstock.com

風邪の予防として手洗いに並んで大切なうがい。

今回はお子さんのうがいについてお母さんがこんなこと聞いてみたい! と思っている情報を集めました。

お子さんのうがいに際して参考にしてみてください。

うがい=「くちゅくちゅぺ」でよい?

日本歯科医師会の「うがいのできる年齢は」という資料によると「くちゅくちゅぺ」と口の洗浄をするうがいは3歳で約50%、4歳で約75%のお子さんが習得できるとしています(※1)。また、「がらがら」と喉を洗浄するうがいは3歳で約25%、4歳で約50%、5歳で約75%の子ができるようになるとしています。

そのため、風邪予防でされる“がらがらうがい”は小さなお子さんには難しいというのが医療的な見解です。

通常、うがいをするときは、いきなりがらがらうがいをすると口腔内のばい菌が喉に移行してしまうので、1番最初にくちゅくちゅと口腔内をきれいにしてからガラガラと喉のうがいをしてください。くちゅくちゅとうがいをすれば口の中の細菌を追い出すことが可能で、風邪予防にも十分効果が期待できます。

また、お家でお子さんとがらがらうがいを練習したいという場合には、まずは口に水を含んで上を向くことから始めましょう。これができるようになったら、次は上を向いたまま口を開けて口から息を吐く練習です。むせたり苦しがらなければ吐く息を強めてガラガラと音が出るように練習しましょう。

また、最初は上手くできず周囲を濡らしてしまうこともあるため、お風呂の時など濡れても良いタイミングで練習することが望ましいとされています。 

 

うがい薬は飲んじゃって大丈夫?


うがいは毎日必ず行うというよりも以下のようなタイミングですることが望ましいとされています。

・外で遊んできた後

・掃除の後

・人込みの所へ外出した後

ところで、お母さんが最も気になる疑問が、うがい薬を利用して飲み込んでしまった場合です。

一般的にうがい薬は水やぬるま湯に薄めて使用するため、薄めたものをうがい時に誤って飲んでしまったということであれば問題はないとされています(※2)。

しかし、以下のような場合には医療機関を受診することが望ましいとされています。

・原液のまま飲んでしまった場合

・口の中や喉に刺激感や荒れるなどの症状が出た場合

・気持ち悪くなった、吐いてしまった場合

また、ヨウ素入りのうがい薬は漠然と長期間使用していることを好ましく思わない病院もあります。特に甲状腺に異常があった場合はヨウ素入りのうがい薬を使用することで悪化する可能性もあります(※2)。

ヨウ素入りのうがい薬を風邪予防で使用する場合にはかかりつけの医師に相談すると良いでしょう。

お子さんと一緒に無理なく楽しくうがいの練習をして風邪の予防を取り組んでいけると良いですね。

 

【参考・画像】

※1 うがいのできる年齢は – 日本歯科医師会

※2 うがい薬 – 慶応義塾大学病院

うがいの効果ってあるの? – わしざわ歯科大学前クリニック

※ 「手洗い」と「うがい」 – 甲賀病院

※ KPG Payless2 / Shutterstock

【関連記事】

※ 風邪がうつる原因は「食べ残し」?野菜で考える予防策とは

※ 赤ちゃんの風邪予防にも?簡単「ねぎ料理」レシピ3つ【旬野菜#05】

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ この夏は、最強のジャングル体験&癒しの待つ西表島へ

※ 【yuuka式産後ヨガvol.4】ツライ肩こりをリフレッシュするポーズ

LINEで送る