隠れ「習い事貧乏」かも?FPが教えるお金を貯めるタイミング2つ

出典:https://www.shutterstock.com/

子どもの成長とともに、衣食住以外にかかるお金の割合は増えがちです。「学習塾や習い事費用がここ数年でぐんと増えた」というご家庭もあるのではないでしょうか?

家計相談においても、毎月の家計赤字が大きいにもかかわらず、お子さんの“教育関連支出”にはメスを入れられない! そんなご夫婦は少なくありません。

気になる習い事費用、自分以外の家では一体どれくらいの月謝を払っているのでしょう?

習い事費用がかさみ家計を圧迫するようになると、将来どんな不利益を被ることになるのでしょうか?

私立と公立の「学校外活動費」は20万円以上の差がある!

習い事単体の月謝はそう高くないため、お子さんの成長とともに習い事費用は徐々に増える傾向にあります。

お子さんはいくつ習い事をしていらっしゃいますか? 去年に比べて習い事費用は増えていませんか?

文部科学省の調査結果(※1)によると、たとえば、公立小学校1年次の体験活動や習い事(ピアノ、水泳、習字など)のための支出が、平均で約13.3万円/年に対して、私立小学校のそれは、約34.4万円/年です。

内訳まで知ることはできませんが、私立小学校に通うお子さんは習い事の数自体が多いのかもしません。

さらに、家庭での学習に使用する物品・図書の購入費、家庭教師費、学習塾費などの支出は2.7倍近く差が開いています(公立小学校=年平均8万円/年、私立=21.8万円/年)。

学費のかかる私立小学校に進学ともなれば、公立進学時よりも節約意識をしっかり持って他の支出をカットしていく覚悟がないと、大学進学時にそのしわ寄せがいってしまいます。

「クラスの子が習っているから」と安易に習い事を増やしていませんか?

習い事貧乏はそのまま将来のお子さんの奨学金貧乏に通じる可能性もあります。

お子さんの進学塾代や習い事費用に“今”、“いくら”かけるべきか。

「わが家はわが家」という気持ち、貯蓄金額も確認したうえで、年1回は家族で習い事を見直してはいかがでしょうか。

 

お金の貯めどきはいつ?FPが教える2つのタイミング

出典:https://www.shutterstock.com/

子育て世帯が金融資産を増やしやすい“お金の貯めどき”は2つあります。

ひとつ目が小学校在学中の6年間。もうひとつはお子さんが社会人として巣立った後、この2つです。

小学校に入り、お子さんを学童保育に預けたとしても利用料金は保育料に比べて低く抑えられています。

また、乳幼児のように別献立もいらず、お子さんの成長もゆっくりになるため衣服を買い替える頻度も少なくなります。全般的に暮らしやすく、お金がかからなくなる時期です。

共働き世帯やお子さんの小学入学後に妻がパート勤務をはじめ世帯収入が増えたご家庭など、貯めどきをフル活用して大学進学費用の大半を貯めることも可能です。

学資保険の短期払いなどオトクな支払い方法を実践している、大学進学時までに住宅ローンを完済しようと頑張っているご家庭もなかにはあるかもしれません。

一方で、この時期の家計のゆとりを貯蓄に回さず、お子さんの習い事やレジャー費などに充ててしまうと貯めどきを活かせず、「この数年、気づけば預金残高がまったく増えていない!」といったこともあり得ます。

お金の貯めどきを逃すデメリットは?

それは、教育費がかからない小学校時代にそのほかの家計支出費を増やした結果、かなり重症のメタボ家計になってしまうこと。

こちらのほうが家計管理に与える影響は甚大です。

ダイエットもそうですが、支出を急に何万円も節約することは相当な苦痛とストレスを伴います。一度膨らんだ家計を減らすことはそう簡単なことではありません。

仮に、夫に「もう外食はしない」「食費をあと1万円切り詰めろ!」と言われたらガッカリ・イライラしませんか?

逆に、妻からある日突然「お金がないから、お小遣いを1万円減らすわよ」なんて言われたら大喧嘩になりそうですよね。働くモチベーションもダダ下がりではないでしょうか。

家計のお話をうかがっていて感じますが、子の誕生から小学校入学までの間は、保育料など新たにかかる家計支出があり思うように貯蓄が増やせないご家庭が多いです。

だからこそ、せっかくの貯めどきである“小学生時代”は、いたずらに支出を増やさず、賢く家計管理をしていきたいところ。

双子や年子のお子さんをお持ちのご家庭の場合、なおさらのこと、財布のヒモの引き締めが必要です!

習い事費用と将来に備えるための貯蓄のバランス。一方に偏り過ぎてないかなど目配りすることをお忘れなく!

 

【参考・画像】

※ 平成26年度「子供の学習費調査」の結果について – 文部科学省

※ kudla、Andrey_Popov / Shutterstock

【関連記事】

※ もしかして私かも…?「無駄遣いワーママ」のお金が貯まらないNG行動3つ

※ ママFPがズバリ!貯金が「増えていく」家庭、「貯まらない」家庭の違い4つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 多忙ママに嬉しい!1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「パック」までこなすスキンケアとは[PR]

ドバっと抜ける髪… 産後より気になるママ達におすすめの抜け毛・白髪対策方法は?[PR]

※ MOUSSYの大人向けコレクションは、西海岸のビーチサイドをイメージ

※ たったこれだけ?美肌さんが実践している洗顔テクニック

【著者略歴】

※ 海老原政子 ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー。元生命保険外交員。千葉市在住。一児の母として主婦目線でのアドバイスが好評。「ムリしない」「ラクに続く」家計管理について、日々情報発信中。

LINEで送る